取引所解説

bitFlyerの手数料は高い?出来るだけ手数料を低く購入するには?

bitFlyerの取引所にログインをすると、左側にこんなメニューが表示されませんか?

むむむ?販売所に取引所?それにLightning??ビットコインを買おうと思ってたのにどこから買えば良いんだ!!

そんな風に叫びたくなってしまう方のために、今回はbitFlyerのそれぞれの取引形態や手数料の違いについて、解説しながら、手数料を抑えた購入をするにはどうすれば良いか、書いていきます!

売買形態の特徴と違い

販売所と取引所で大きな違いがある

まず、bitFlyerでの売買形態は販売所形式取引所形式に分けられます。

販売所と取引所には手数料も含めて大きな違いがあります。私は最初この違いを理解しておらず、無駄な手数料を結構払ってしまっていたので、これから新しく購入される皆さんは私のようなミスをしないために、良かったらこちらの記事も参考にしてください!

あわせて読みたい
私がビットコインを買う前に知りたかった購入時の手数料を安くするポイント私は初めてビットコインを買う時には手数料の仕組みをちゃんと調べていなかったので、随分損をした買い方をしてしまっていました。そこで、今日は...

カンタンにまとめると、

販売所・・・bitFlyerが持っている仮想通貨を買う
取引所・・・仮想通貨を売りたい人と買いたい人同士で取引をする

という仕組みです。

そして↑の記事にもありますが、手数料は断然、取引所で購入する方が安く出来ます!手数料については後半で詳しくまとめます!

簡易取引所とLightning取引所の2種類がある!

しかし同じ取引所の中でも、bitFlyerにはビットコインのみを売買出来る簡易の取引所、Lightning取引所の2種類があり、Lightningではさらに現物とFXの売買が出来ます。

LightningはbitFlyerに登録すると誰でも使えるようになる、取引ツールです。このツールの性能の高さや、使いやすさなどから、国内取引所の中ではテクニカルを利用したFXをするには一番人気の取引所となっています!

簡易取引所 BTCのみ取引可能
出来高を確認しながら、数量と指値のみ入力
Lightning 現物 テクニカル指標の確認なども出来る取引ツールを使用
FX 上記ツールが使えるのに加えて、
レバレッジ取引やロング・ショートも可能

それぞれで購入出来る通貨

それぞれの販売所、取引所毎に使える通貨は異なっています!

ビットコイン販売所 ビットコイン(Bitcoin/BTC)
アルトコイン販売所 イーサリアム(Ether/ETH)
イーサリアムクラシック(Ether Classic/ETC)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
モナコイン(Monacoin/MONA)
リスク(Lisk/LISK)
簡易取引所 ビットコイン(Bitcoin/BTC)
Lightning現物 ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ether/ETH)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
Lightning FX ビットコイン(Bitcoin/BTC)

というわけで、こうして見るとbitFlyerで取引所での取引が出来るのはビットコインとイーサリアムの2種類だけということになります。

そうなんです、取引所で売買出来る取り扱い通貨数が少ないのが、BitFlyerの一番のデメリットなのです…(´・ω・`)

でも、ビットコインやイーサリアムは時価総額のトップ2で比較的安定した通貨ですから、初めて仮想通貨を購入するような方はこれらの通貨を買う方はとても多いと思います。

なので、とりあえずビットコインかイーサリアムのどちらかを買ってみようかなーと思っている方であれば、bitFlyerはサーバーも安定していてセキュリティもしっかりしたとても安全な取引所だと思います。

bitFlyerに今すぐ登録

手数料の違い

まずは、それぞれの形態での売買手数料の一覧がこちら

販売所 無料(今のところ)
簡易取引所
Lightning現物(BTC/JPY)
0.01〜0.15%
Lightning現物(ETH/BTC, BCH/BTC) 0.2%
Lightning FX 無料(今のところ)

あれれ、販売所の手数料って無料なの?なんかさっきの話と違わない??と思ったあなた!

そうなんです、ただ販売所は売値と買値の差(これをスプレッドと言います)が大きく、売買手数料は少ないものの実質の手数料は高くなってしまいます。

販売所はスプレッドが大きく、手数料が割高になる

販売所は「売買時にかかる手数料」は無料なのですが、買値と売値の差が大きくなっています。

例えばこの販売所価格の差を見てみましょう!

購入価格・・・1,249,096(BTC/JPY)
売却価格・・・1,200,084(BTC/JPY)

それぞれの差額は5万円近くありますね(O_O)

この差がスプレッドであり、取引所であるbitFlyerはこれを手数料として儲けを出しているわけです。中古品の販売業者が仕入れた商品に利益を上乗せして売っているのと同じようなものですね。

ちなみに、同じタイミングの取引所での売買価格がこちら。

取引所の場合は、必ずしもその価格で希望の数量が買えるわけではないので販売所のスプレッドと比較するのはナンセンスな気もしますが、

購入価格(最低)・・・1,225,189
売却価格(最高)・・・1,223,104

その差は2000円程度ですね。。この価格で購入出来ないとしても、上記の124万を上回る価格になることはあまりないと思うので、取引所と比べると購入価格の差額となりうる2万円程度が実質の手数料になっていることになります…(´・ω・`)

これは無視出来ない金額ですよね。

簡易取引所やLightning現物の手数料は0.01〜0.15%と変動

0.01%と0.15%って結構な差がありますよね?

この手数料の幅はどうやって決まるのかというと、取引する価格によって変わります!

なかなか数千万単位の取引をいきなり始める人は少ないでしょうから、現実的には0.1〜0.15%くらいは売買手数料になるのかなぁと思っておいた方が良いですね!

Lightning FXはスワップポイントに注意

ここまで見ていると、Lightning FXは手数料無料で魅力的??と思うのですが、実はスワップポイントという金利のような手数料が日利で発生してしまいます。

買建玉 0.04%/日
売建玉 0.04%/日

スワップポイントは買いポジションでも売りポジションでも売買ポジションを持っていると発生する金利です。

一日当たり0.04%で日をまたぐ毎に加算されていきます。

ですので、短期のトレードをするつもりで数時間〜一日程度のトレードを行う場合は良いのですが、しばらくホールドするつもりで購入するのであれば数日であっという間に上記の現物取引の手数料を超えてしまうので注意しましょう。

まとめ – BitFlyerで手数料を抑えて売買するポイント

というわけで、BitFlyerの手数料を出来るだけ低く利用するためのポイントは、

  • 販売所で買わない
  • 長期保有前提なら簡易取引所 or Lightning現物で買う
  • 短期トレードならLightning FXで買う

ということになります。

また、BitFlyerは取引所形式で売買出来る通貨の種類が限られているので、ETH以外のアルトコインを売買したい方はbitbankZaifなどの取引所を利用することをおすすめします!

bitFlyerに今すぐ登録

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono