転職

【保存版】医局の辞め方ガイド〜私が新しい就職先を見つけて転職するまでのお話

ついにこの4月から医局をやめて医局フリーの人ました。

医局を辞めようと決めた理由は色々あるのですが、まぁ色々挙げつつも結局一番の理由は医局にいるのほんとに辛かったです…。良いところもあるのはわかるのですが、多分、自分には合わなかった…。

自分で言うのも何ですけど、私割とこれまでの人生難なくクリアしてきたタイプなんです。一言でいうと要領が良いタイプです。笑

大学受験もまぁ頑張ったけど、死ぬほど勉強した感もなかったし、大学生の実習も研修医の時も〇〇科ローテは本当に辛いって言われててもなんだかんだ上司に気に入られたりして褒められて育ってきた記憶しかないんです。笑

でも、そんな私でも医局にいた間は今までで考えられないくらい辛かったです。なので、実際に医局辛くて悩んでる人もいっぱいいると思うんですよね。

というわけで、なんだかんだ割と円満に医局を辞めて今めっちゃ解放感に浸ってる私が、実際にやった手順を紹介しようではないか、というのが今日の記事です!

実際に私がやったこと(時系列)

  1. 医師向けの転職支援サービスにいくつか登録
  2. コンサルタントさんに色々相談
  3. 自分でも就職先の病院を探してみた
  4. 病院見学に行って、医局を辞める決意
  5. 医局を辞める表向きの理由と上司に伝えるタイミングを考えた
  6. 教授と医局長に辞めます宣言
  7. 次の就職先と勤務条件の調整

というのが私のやったことになります!ここから順番にこの手順について解説していきます。

医師向けの転職支援サービスにいくつか登録

まず最初に、医師向けの転職支援サービスに登録しました。

登録も利用も全部タダなので、ちょっと手間だけど何社か登録してみるのがおすすめです!

実際に私が登録して使ってみて良かった会社は以前まとめています!

あわせて読みたい
私が転職するときに使ってみて良かった医師向けの転職支援サービスこんばんは!今日は昨日に引き続き、転職のお話。 私が転職するときに実際に使ってみて良かった会社を書いてみようと思います。転職支援サ...

今思い返しても、最初にこの転職支援サービスに登録してコンサルタントさんに相談してみたのは正解だったと思ってます!というのも、実際に転職先を探してくれるというのもそうなのですが、自分の場合「医局辞めても専門医取れるところに行きたい!」といった希望があったので、その条件を満たすための病院選びのコツなども含めて色々教えてもらえたからです!

なので、実際に転職先探しとかもそこに完全にお任せするかは別にして、ひとまず医局辞めようにも、そもそも本当に医局って辞めて良いのかとか、どうやって次の病院見つけるかとか、色々悩むことあるじゃないですか!そういう漠然とした状態のときに、とりあえず相談するためだけでも登録して損ナシってことです!

転職って個人が決めることなので登録したからと言って変に営業かけられることもないし、私は6社くらい登録したけど、登録しなければよかったと思うことは一つもなかったです!

コンサルタントさんに色々相談

医師向けの転職支援サービスにいくつか登録して、簡単に自分の希望条件などを入力すると、すぐに専任のコンサルタントさんから連絡が来ました。

大体はメールと電話で転職をしようと思った経緯や希望の条件などの詳細を色々聞かれて、何人かの方とは実際にお会いしてお話しもしました。

私の場合の転職の希望条件は、

  • 医局を辞めても専門医が取れる病院で働きたい
  • 医局の雰囲気が辛いから、なるべくストレス少ない職場に行きたい

という二つだけでした。

一つ目の条件はともかく、二つ目の条件は漠然としていてぶっちゃけコンサルタントさんも困ったと思います。さすがに病院の雰囲気とか知らないよって感じでしょうからね。笑

ただ、一つ目の条件に関しては、何人かのコンサルタントさんとお話させていただいて、すごく参考になりました。特に今は専門医をとるための条件が結構厳しくなりつつあるときだったので、転職先は結構慎重に探さないとダメだってことが分かりました。

自分でも就職先の病院を探してみた

それでコンサルタントさんからいくつか紹介していただいた病院もありましたが、私みたいな専門医未取得の場合だと結構求人が限られることも分かりました。

あわせて読みたい
専門医未取得だけど医局を辞めて働けるか?転職出来るのか?私も現在麻酔科3年目なので、専門医は未取得です。 でも最近諸事情あって今の医局を離れて病院を移る決心をしました。 で、次の就...

以前の記事にも書いているように、こうした人材紹介会社に掲載されない求人もあることが分かってきたので、コンサルタントさんに探してもらいつつ、自分でも病院をいくつか探し始めました。

例を挙げると、都立病院などの公立病院はこうした人材紹介会社にはあまり求人を出していないみたいですね。

コンサルタントさんから聞いた専門医が取得できる病院の条件を元に探して、ぶっちゃけどこの病院も人が増えて嫌がるところはないだろうと思ってたのでいくつかメールでアプローチ、見学の日程などなどを決めていきました!

病院見学に行って医局を辞める決意

いくつか見つけた病院の中で、実際に見学に行った病院は結局2つくらいでした。

というのも、最初に見学に行った病院が「ここだ!」って感じだったんですよ。

たかが一日の見学でそんなん分かるものなの?と思われるかもしれませんが、私の場合医局でかなり辛い日々だったおかげで、「やばい雰囲気を感じるポイント」みたいな勘が備わりました。

ほんとかよ!?って思われるかもしれませんが、ほんとです!

学生時代の何も知らなかったピュアな頃とは違い、今思えば学生時代も含めてこれまで見学に行ったあの病院やあの病院、そしてあそこにいた先生…などなどブラックなオーラを感じる病院や先生が沢山頭に浮かびます。笑

とまぁそんなことはさておき、早い話が最初に見学に行った病院で、「自分なんでこんなに辛い職場で働いてるんだろ?やーめよ」ってなったわけです。

ただ、流石に一個見学に行っただけだと不安だったので、もう一つだけ病院見学に行きました。でもこっちの病院は全然行きたいと思えなかった。笑

それで、やっぱり最初に行ったあの病院、あそこで働きたい!専門医も取れるし症例も豊富だし、何よりこの職場の人達の雰囲気めっちゃ合いそう!!前の医局が合わなかっただけにほんとにビビッときた感じでした。

なのでひとまずこちらの病院に来年度から就職したい旨を伝えて、採用枠はあるのか、勤務体制など簡単に確認をしました。

医局を辞める表向きの理由と上司に伝えるタイミングを考えた

こうして医局を辞める決意をした私は、教授にそのことを伝える決意をしました。

で、ここで大事なのが医局を辞める理由と、伝えるタイミングです。

正直に、「こんなところにずっといられませーん」なんて言えませんから、当たり障りのない理由を考えました。とは言っても、うちの医局は割と辞める人も多いので、実はそこのハードルは若干低めです。

まぁそれでも折角医局の中で出来た人のつながりなので、大事にしていきたいじゃないですか!なので出来るだけ円満に辞めようと思い、色々理由を考えました。

そしてここも実は人材紹介会社のコンサルタントさんに相談してました。笑

「医局辞めてく人って結構います?みんなどんな理由で辞めていくんですかね?」

コンサルタントさんによりけりですが、結構気さくに色々教えてくれます!

今の時代は地域にもよりますが医局に所属しない働き方も広まりつつあるので、医局辞めちゃう先生は結構多いみたいですね。

辞める理由については、嘘でもそれっぽく作る先生もいるみたいです。

「〇〇の症例をもっと経験したいので」

「結婚するので旦那の職場に合わせようと思います」

「母の体調が悪いので実家近くの病院を探そうと思います」

などなど。まぁ表向きの理由を作るのも大事なんですね。なので、私も症例数のこととかいろいろ表向きな理由をそろえておくことにしました。

また、上司に伝えるタイミングについては、うちの医局は「半年前までに伝える」ルールがありました。大学病院の医局だと大体このくらいの期限のところが多いんじゃないですかね?

教授と医局長に辞めます宣言

それで、辞める決心をしたら早く伝えた方がいいと思って、すぐに上司に伝えました!

伝える順番としては医局長に伝えて、それから教授に伝えましたよ。

伝え方は医局長には口頭で、教授にはメールで「お話したいことがありますのでお時間いただけますか」的なアポイントを取りました~!

この辺は医局によっても違うかもしれないので、それとなく相談しやすい人に聞いてみちゃうのが良いかと思います!

まぁ一部の人には心の中でどう思われているかは分かりませんが、なんだかんだ円満に辞められた方なんじゃないでしょうかねー?今も普通に医局の先生とも話せますし!

次の就職先と勤務条件の調整

ひとまず医局は辞めることが確定したので、そのことを次の職場の採用担当の方にお伝えして、私の勤務条件の調整などなどしていただきました。

次の就職先については、採用はほぼ間違いなく可能だろうとのお返事をいただいていて、医局から退職の許可を貰ったら本格的に枠調整に入ると言われていました。

なので、私の場合は医局辞めます宣言をした時点では、まだ次の就職先は確定していないというちょっと不安な状態。

もちろん、万が一ダメだったとしても他の病院も含めれば職がなくなることはほぼない職業ですからというのはありますけどね。でも若干この期間は不安でしたよ。。。

確定するまで数か月くらいかかったので、その間は不安で不安で…何しろ「ここで働きたい!」って思った職場だったので、ダメだったら他を探せばいいとは言ってもやっぱり悲しいじゃないですか。。

無事、採用と条件確定の連絡も来て一安心したのは結局年が明けるくらいの頃!結構かかりました!でも来たときはすごく嬉しかったなぁ…こうしてこの4月から新しい職場で楽しく仕事をしております!

今の医局にずっといることに少しでも不安がある?

以上、私の退職するまでのお話をつらつらと書いてきましたが、私自身も最初はちょっとしたきっかけで、このまま今の医局にいるのは不安だなぁって思うところから始まったんですよね。

それで、転職支援会社のコンサルタントさんと会ったり、病院探しをしている段階ではまだ辞める決意はできていなかった。

でも、実際病院見学に行ったら、「絶対ここで働きたい!」って思って、結果転職して、今はすごくよかったと思っています。

なので実際に転職するかどうか迷っている人も、とりあえず他の病院を見てみるという意味でも見学とか行ってみると良いんじゃないかなぁと思うんですよね。そして入り口として転職支援会社はすごく良かったです。無料でこんなに親身に相談乗ってくれるのかぁと感動しましたもん。

コンサルタントさんに任せっぱなしじゃなくて、自分でもある程度リサーチはした方がいいと思います!繰り返しになりますが、仲介会社を通っていない求人はたくさんあるので!でも最初はどうやって探すべきかもわからないと思いますし、ひとまず仲介会社を通してみるのはおすすめです。

あわせて読みたい
私が転職するときに使ってみて良かった医師向けの転職支援サービスこんばんは!今日は昨日に引き続き、転職のお話。 私が転職するときに実際に使ってみて良かった会社を書いてみようと思います。転職支援サ...

とにもかくにも動き出さなきゃ始まらないし、ずっと一つの場所にいると視野も狭くなりがちなので、折角の自分の人生、きっと自分にあう病院があるはずなので、諦めずに探してみてくださいね!!

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono