仮想通貨考察

仮想通貨やビットコインの投資に損切りは必要か?

昨日ビットコインが一時的に大きく根を下げていく場面がありましたね。

最近仮想通貨に参入しで200万円前後で購入してた人は奮えますますよね、これ…(^_^;

そしてこんな場面をみて、

「損切りが大事って聞くけど、こういう場面では狼狽売りするなって言ったり、どっちが良いのか分からない」

なんて感じていた最近参入した仮想通貨投資家の方へ、私の意見を書きますね。

そして結論から言いましょう、それは貴方の投資スタイル次第だと思ってます。

長期投資と短期投資は別で考える

仮想通貨に限らず全ての投資に共通することなのですが、長期投資と短期投資は方法も考え方も目指すところも違います。なので、損切りした方が良いの?ホールドした方が良いの?って疑問が沸く方はそもそも自分の投資スタイルが確立されていない可能性が高い。

私はどうして自分がその銘柄を買ったのか、その購入理由を考えていれば下落時に損切りをするべきかどうかは自然と答えは出ると思っています!

長期投資とは?

長期投資はとにかく一つの銘柄をこれ!と決めたらただひたすら持ち続けます。間で多少の増減があろうとも原則資金の移動はさせず、傍観します。

長期投資の代表格は、投資の神様と言われるウォーレン・バフェットですね。


バフェットはある企業に投資をする時にはその企業について論文が書けるくらい研究して投資対象を決めていたと言います。そして一旦買うと決めた銘柄は市場で何が起ころうともホールドをし続けています。リーマンショックもブラックマンデーも全て自分の銘柄を信じてホールドしていたことは有名な話!

長期投資と資産運用

厳密に言うと、長期投資と資産運用も少し違うと私は思ってます。

言葉の使われ方が曖昧な部分もあるのですが、年利3%とかで手堅く運用するのが資産運用です。資産運用は基本的には既にお金を持っている人がやることだと思ってます。既に10億円持ってる人なら年利3%で運用出来れば年収3000万円です。笑 でも100万円が3%増えて103万円になってもあまり意味がないです。

長期投資はその企業の成長に期待して投資するものです。バフェットはまさにこれ。Amazonの株を2001年に100万円分買っていたらいくらになっているか?なんてタラレバを見て分かるように、「この企業は成長する!」と思う企業に投資して、あとはひたすら待つのみ、なわけです。ちなみに↑のリンクの計算は2011年の話なので今のAmazon株はもっとすごいことになってますよ(*´艸`)

短期投資とは?

短期投資はいわゆるトレードです。トレードはチャート分析が基本になりますが、たまに「○○という情報が出そうだから上がる!」といったファンダメンタル分析も有効になります。

ただ、ファンダメンタルは難しいです。市場がどの程度そのファンダメンタルを織り込んでいるかによって価格は上がりも下がりもします。

チャート分析の場合は「チャートがこういう形だから上がりそう」という分析に基づいて購入しますので、業績とか何かしら上がりそうな材料があるとかそういうのは原則無視します。私も始めたばかりの頃はチャート分析って意味あるの?とか思ったことがありましたけど、チャートは投資家の心理が反映されているのでやっぱり有用なんですよね。

損切りをするかどうかは投資スタイルによる

最近Twitterでの発言が酷くですっかり嫌われ者になりつつあるMarket Hackの広瀬さんですけど、もともとアメリカ株投資においては日本人の中でも尊敬に値する方です。笑

私としては広瀬さんのこの本なんかはとてもおすすめ。

この本の中にこんな一節がありまして。

短期投資なら、買った直後から利が乗らなければ失敗

私は「長期投資と短期投資、つまりトレーディングのどちらがよいか?」という問いはナンセンスだと思います。なぜなら、そのそれぞれに美点があるし、欠点もあるからです。問題は長期投資なのに本来トレーディングの際に使われるような手法をしたり、短期投資なのに長期投資家のような行動をとったりする投資家が後を絶たないことです。つまり、使い分けができていないのです。

トレーディングの場合、ポジションを建てた直後から利が乗り始めなければ、やっていることがどこかおかしいです。なぜならトレーディングというからには短期のチャンスを狙いにいっているのであり、それがすぐに利を生んでいないということはタイミングを間違えているからです。

これがもはや損切りは必要?というところの答えだと思うのです。

極端に結論を言えば、

「長期投資なら損切り不要、短期投資なら損切り必要」

これがざっくり言えば正しいです。ただ、少し補足するなら長期投資でも損切りが必要な場合はあると思うんです。

短期トレード目的で買っていた場合

短期的に「チャートが○○の形だから上がりそう」「○○っていうファンダメンタルの材料が出そうだから上がりそう」と思って買ったなら、思い通りの方向にいかなければ損切りするべきだと思ってます。ここで問題になるのは損切りのラインです。10%とか5%とか言う人もいますけど、一概には言えませんね。

チャート分析で売買している人はその手法の勝率、期待値によって損切りラインを決めている人が多いと思いますが、そんな上級者トレーダーの方はそもそもこんな私の初歩的な記事読んでないと思います。

というわけで初心者向けにあえて一つだけ言うなら損切りラインは、「損した場合にあぁ損しちゃったな、でも勉強になったな、あはは」と笑って過ごせる金額までだと思います。その金額は人によっては500円くらいかもしれないし、10万円くらいなら何とも思わない、という人もいるかもしれません。でも気持ちとしてはそれが損切りです。損しちゃったけど次のチャンスで買おうと思って買えるようにするのが損切り!投資はメンタルでするものです。

そしてとにかく大事なのは、短期で上がると思って買ったなら、短期で落ちたらさっさと損切りするべきです。これは仮想通貨だろうと株だろうと全部共通。トレードの基本は小さく負けて大きく勝つことなので、トレードするなら損切りは必須。1に損切り、2に損切り、3〜99まで全部損切りで100で手法、というくらい損切りが大事だと思ってます。

ちなみにエイミーは短期トレードは苦手なので、基本やってません。ここまで書いてておい、って感じですね。笑

長期で上がると思って買っていた場合

長期で上がると思って買っていたなら、多少の変動は傍観して待つべきです。今回のビットコインの下落原因ははっきり分かりませんが、

  • 海外取引所でハッキングがあり、大量に売りが出た
  • それを見た新規参入者が慌てて売りに走った

というのが重なったのかな?と思っています。

ここで損切りするべきかなぁなんて悩んでいる人に聞きたいのは、

貴方はどうしてビットコインを買ったの??

ということです。

ビットコインのブロックチェーン技術に期待して、

この技術がこれから先どんどん普及していけば今の時価総額なんて目じゃなくて、

今の時点でもまだまだ過小評価されているはず、

と思って買ったんですよね??

そうしたら貴方の購入理由は今回のビットコインのハッキングや新規の売りで何か変わりましたか??

変わってないなら、そのままホールドすれば良いと思うのです。だってこれからこの技術が普及して広がることを予想して買っていたなら、今回とある取引所がハッキングされて盗まれたとしてもそれは取引所のセキュリティが甘かったというだけで、ビットコイン自体の価値には何にも影響していません。こういうときに目的を見失って売ってしまうのを、一般には「狼狽売り」と言います。

期待が外れていたとき

ただ、もしもビットコインの技術に期待して買ったけどその技術 への信頼が揺らぐような事件が起こったなら、たとえ長期投資でも損切りするべきだと思ってます。

つまりね、自分が「○○だから上がるはず!」と思って買ったけど、「実は○○じゃなかった!」っていうならさっさと売るべきだと思ってます。ここでも「いやいつか上がるかも」って思って持ち続けるのは「アホールド」と呼ばれます。笑

でもそれ以外の外野が騒いでるのは無視!自分の予想が外れていないなら、そのままホールドし続ければ良いというのが私の考えです。

高騰の後には下落がくるはず、一旦利確しておくべきだった?

補足ですが、今回のような上下で、てっぺんで一旦利確しておいて下がったところで買い増ししてる人は素直にすごいと私は思います。最近の上がり方異常でしたし、私も毎日月収分くらいの含み益が積み重なる状況だったので、そろそろ一旦下がりそうかなーとは感じてました。

でも、私は天井付近で売ろうとしたり、下落したところで買いましたりするのは苦手なのであんまり相場の動きが激しい時に売買はしません。利益を取れる機会を逃しているのかもしれませんが、欲張って高騰時や下落時に売買しようとしてサーバー落ちで注文出来ない、なんてこと、最近の仮想通貨はよくありますからね。。

私は欲張らずにゆっくり売買してます。笑

まとめ

というわけで、損切りは必要か?という問いについては、長期投資と短期投資を分けて考えること。

そして、

貴方が購入した理由を考えて、その理由通りに動いているなら損切り不要です。でも、その理由通りに動いていないなら損切りした方がいいです。

損をするのは嫌だと思ってしまうのは分かるのですが、

  • 投資では相場から退場させられないことが大事
  • 退場させられなければ、また買えば良い
  • もっと利益を取れるはずだったと欲は出さず、次のチャンスが来るのを待つ

なんてところを心に刻んでほしいなと思います(*´艸`)

さて、色々書いてても、投資に100%はありません。思い通りにいかないことなんていくらでもあるので、みなさん投資は自己責任です!私もこんなに書いてて明日気付いたら含み損なんてこともあり得ますからね!

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono