お医者さんの投資について思うこと。医者は投資に向いていないのか?




今日はですね、お医者さんの投資・資産運用ということで、多分このブログに書きたいメインテーマ(のつもり)のとこをじっくりかいてみようと思うのです。

私がたまに目にするのは「医者の投資は失敗する」とか、「医者は投資に向かない」ということ。まずはこの理由について私が常日頃から思っていることと、そんなお医者さんの投資戦略について、私見ですが書いてみようと思っています。

お医者さんは投資に向いてない?

これについてなぜか?との質問に対して、「お医者さんは忙しくて自分で投資について勉強したりする時間がないから人に勧められる商品をなんとなく買って失敗する」という一般的な解答を聞いたことがあります。

それもあるとは思うんですけど、別に仕事が忙しいのなんて医者だけじゃないと思うんですよね。私が思うにこの説明には重要な部分が欠けている。

私は最大の理由は「医者って経済とか金融の知識に乏しくて、社会情勢に疎いから」だと思うんですよね。

医者は経済や金融の知識に疎い

厳密に言えば、「医者はそこそこ高学歴の割に経済や金融知識に疎い」という感じですかね。

理由は、

  • 高校時代理系選択で社会をあんまり勉強してない(政治・経済とか選択しない)
  • 就活してない
  • 仕事柄そういう知識が一切不要

の3点です。私も高校時代は政治経済は授業すら受けたことがないですし、選択していたとしてもセンター試験の知識で終了してたと思います。

そして大企業に就職しようと思ったら就活の面接に備えて日経新聞を購読したりするとも聞きますし、周囲の話を聞くと就職に備えて社会のこととかちゃんと勉強しようとする方が多そうです。ところが医者の就職は一般の就活とはかなり異なっています。そもそも需要>>供給なので就職難で苦労なんてしませんし、就職時に求められるのは「医師免許を持っている」ことと「最低限のコミュニケーション」だけです。まぁ後者は持ってない医者も沢山お見かけしますけどね(´・ω・`)

そして日常の仕事をしていく上で、そういう「社会情勢とかの常識」というのが一切必要ないです。こんなに社会知識を必要としない仕事も珍しいというか、やっぱり変わった世界だなぁと思います。

 

先日同年代の女医さんが、

「私常識ないから、常識がなくても出来る仕事に就けて良かった。」

なんて言ってて、世間から見たら嫌みにすら聞こえるのかもしれませんが、「医者って常識がなくても出来る仕事」ってその通りだと思うんですよね。

サラリーマンの兼業投資家の方の多くは経済や金融のベース知識は持っていた上で日々少しずつ情報収集を仕入れていけば投資の勉強もしやすいのかと思います。でも、医者はこれまでの経済や金融の知識がなさすぎて、投資の勉強をしようと思っても新聞の経済ニュースも分かんないし、そもそもその辺の基本事項が多分完全にちんぷんかんぷんです。私も世間一般から見れば金融知識なんて多分ビギナーですけど、同業者と話してると「えっそんなことも知らないんだ?」って思うことが多々あります。

 

ともなると、普段の仕事もそれなりに忙しい中で、ゼロから社会のこととか勉強するのは結構な労力が必要です。

普通に医者の仕事をしていれば、リストラもないし生活していくのに不自由ないそれなりのお金は稼げる。

だからわざわざ自分で勉強してまで投資をしてみようとは思わない

 

というところで、「お医者さんは忙しくて自分で投資について勉強したりする時間がないから」というところにまとまっているわけです。

お医者さんも資産運用は必要!

ところで、そもそも医者ってそれなりの高給取りなんだし投資とか無理してしなくても良いんじゃない?なんて疑問もあるかもしれないですね。

でも、医者は安定職ですけどそこまでの高給取りではないんですよね。年収1000万円くらい稼ぐ人は沢山いますけど、このくらいの収入って結構税金も取られますし意外と手取りはあんまり増えない年収ゾーン。都内で奥さん専業主婦で子どももいたら多分カツカツです。子どもも医学部に入れるとなるとお金かかりますし…。

おまけに医療費がこれだけ問題になる今、診療報酬の改定が進めば医者の給料だって今より下がっちゃう可能性もゼロではないです。

しかも医者って勤務地の移動が多かったり基本給が安いなどの関係で退職金がほとんど期待出来ません。とすると、リタイア後に老夫婦で海外旅行とかも行きながらそれなりの生活を…とか思うと、それなりの計画性を持って資産作りをしておく必要があると思います!

お医者さんがやりがちな投資

だけど、医者も投資や資産運用に興味を持ったり、何かしらの運用をしている人は実は結構いたりします。

  • 不動産
  • 貯蓄型保険
  • 投資信託

あとは投資とは違うんですけど、

  • ふるさと納税

もやってる先生が多いです。

たまに、FXや株などを自分でやっている先生がいる感じです。どれも上手く活用すれば投資や節税として良いものなんですけど、ほとんどのドクターが言うんです!

「とりあえず知り合いの紹介で勧められたからやってる」

これって投資をする時に一番ダメです!人任せで勧められたのをそのまま買うってやつ。なんでダメかと言えば、金融機関やインターネットの情報は、必ず「ポジショントーク」が入ってます。話し手が「売りたい」商品と私達が実際に買って利益を出せる商品は天と地ほどの差があります。

そして友人からの勧めもダメ。投資商品なんて100%儲かるものはなくて、その人のライフスタイルによって取れるリスクの大きさや向いている商品は違うんです。そして買うタイミングが違えば儲けは全然変わってくる。友人が儲かったのは事実かもしれませんが、同じことをして貴方が儲けられる可能性は思っている以上に低い。

ただその辺含めて、最近流行のロボアドバイザーなんかは自分のライフスタイルに合わせた投資商品を紹介してくれるという点で始めてるドクターも多いみたいなので、こちらはまた別の記事でちょっと詳しく書いてみようと思ってます!ただ私は手数料が高くて嫌なのでやってないですけどね。色々自分で資産運用とかに時間使いたくない人にはお勧め出来そうです。

お医者さんの投資について個人的に思うこと

私は常日頃から医者をやりながら思っていたんですけど、お医者さんは安定職だからこそ、多少リスクを取った投資をしてみるのが良いんじゃないかと思うんですよね。

まずそもそも論として、「貯金が一番安全」と考えている人は逆に危ない。全部貯金はむしろリスキーです。全ての資産を「インフレに弱い」「円という単一通貨で」持っている状態。

そして、それでも資産が減るのが嫌で「定期預金」や「国債」みたいなローリスクローリターンなものばかりにお金を預けてるのは勿体ないと思うんです。だってお医者さんって、リストラはほとんどなくてそれなりの給料がほぼ確実に保証されている日本国内では最強の安定職だと思うんですよ。本業が安定して稼げるのだから、多少はリスクのある資産も合わせて持ってみても良いんじゃないかと思いませんか?

それでも絶対に投資はしない!という方は、多分私のブログを見ても何も情報はないと思うのでどうぞturn backしてくださいm(__)m

でも、少しくらい資産運用とかしてみようかな?と思ってもらえたら、このブログの中では色々とお医者さんでも出来るような投資や資産運用など紹介してます!現にエイミーは当直も時間外もがっつり働きながらそこそこ投資でも利益は出してます(*・ω・*)

今年は仮想通貨の波に乗れたおかげもあって、ここでかなり利益を出せたのが大きいのですけどね。仮想通貨はハイリスクなのは承知ですけど、これほど今誰でも稼げる市場も少ないので、少しでも興味のある先生は是非私と一緒に勉強しながら仮想通貨投資始めましょう♥




ABOUTこの記事をかいた人

本業は麻酔科医ですが、趣味で経済や投資のこと勉強してます。最近は主に投資や経済、金融のことなどで自分が勉強したこと、気になったことや感じたこと等をブログに書いてます。

詳細プロフィールはこちら Twitterも→