仮想通貨考察

Coincheckの貸仮想通貨サービスってどう?リスクは大?

こんにちは!ほのぼの投資家女子のエイミーです。

色々とリスクは承知の上で、最近coincheckの貸仮想通貨サービスを始めてみましたので、紹介しておきます。

はじめに-Coicheckとは?

Coincheckは日本の仮想通貨取引所の中でも取り扱いコイン数ナンバーワンの取引所なのですが、ビットコイン以外の通貨は販売所形式なので手数料が高めなのがネックですよね。

あわせて読みたい
私がビットコインを買う前に知りたかった購入時の手数料を安くするポイント私は初めてビットコインを買う時には手数料の仕組みをちゃんと調べていなかったので、随分損をした買い方をしてしまっていました。そこで、今日は...

というようなことを以前の記事で書きました。

確かにアルトコインの手数料が高いので、私もZaifやbitbankなどの板取引で手数料のかからない取引所をメインに使っています。ただ、Coincheckはスマホのアプリがとても使いやすいので、普段仕事の合間に価格チェックしたい時にはCoincheckのアプリをよく使っています。そして、もう一つの魅力は他にはない色々とユニークなオプションがあるんですよね。

Coincheckの独自サービス

Coincheckでんき

これは毎月の電気代の支払いをビットコインを使って支払う、もしくは電気代の支払いの数%がビットコインで還元されるというサービスです。

ビットコインは現在価格がどんどん伸びてきていますし、これを使って支払いをするよりも電気代で貯めるプランの方が圧倒的に良いと思うので私もこれを利用しています。

あわせて読みたい
仮想通貨投資家必見!電気代の支払いでビットコインが貯まるcoincheckでんき少し前になるのですが、仮想通貨投資を始める前にいつもながらいくつかの本を読んでいました!その中で読んだ本の一冊がこちら。 ...

ちなみにこのcoincheckでんきの申し込みをして4ヶ月ほど経ちましたが、ここ数ヶ月でものすごい勢いでビットコインの価格も上昇したので、貰えるビットコインの桁数がどんどん寂しくなっていきそうです。笑

ちなみに私のプランでは還元率は4%なのですが、この調子でビットコインの価格が上がれば実質還元率はどんどん高くなります。たかが電気代の数%なので大したことはないのですが、チリも積もればですからね!ちょこっと登録するだけで勝手にポイントが貯まってるみたいなものなので私はこのまま続けていきます。

貸仮想通貨サービス

そして今回の主題はこちらです。

仮想通貨を一定期間貸し出して、その間利息収入が得られるというシステムです。つまりは定期預金や国債を購入するのと同じようなイメージのようです。

どのくらいの利息が得られるのかと言えば、

  • 14日間:年利1%
  • 30日間:年利2%
  • 90日間:年利3%
  • 365日間:年利5%

となっています。今や定期預金に預けたところで年利0.02%とかの世界ですし、それを考えると1年間ほったらかして年利5%って長期投資としては割と魅力なんですけど、これ、普通に考えたら定期預金や国債と違って実はめちゃくちゃハイリスクなんですよね。

貸仮想通貨サービスのリスク

途中解約出来ない

とにかく最大のリスクはこれです。一旦365日間の貸出申請をしたら絶対に解約は出来ません。

何らかのきっかけでコインの値段が大暴落したとしても、貸出中のコインはどう頑張っても損切りは出来ず、暴落を眺めるしか出来ないのです…。特に仮想通貨はまだまだちょっとしたファンダメンタルニュースで大きな価格変動がありますから、大きな暴落が起こる可能性も結構ありえます。また、最悪の場合には通貨自体の価値がほぼゼロになってしまう可能性もないわけではありません。そうなってしまえばたかが数%の利益がどうとかの騒ぎではないですからね。

定期預金は違約金を取られたり解約手続きが面倒だったりすることはあっても、解約出来ないということはないです。おまけに定期預金は元本保証されているのですから、どんな経済状況に陥ろうとも預けていた資産がゼロになるということはほぼないと思います。

Coincheckが破綻したらゼロになる

そしてこれもリスクの一つです。Coincheckがなくなってしまったら元本保証はないのです。さすがに現時点でこれだけの取引量があり、セキュリティ面の整備も整えられているCoincheckがすぐに破綻してなくなるということはそんなに可能性は高くないと思います。少なくとも、上述のコイン自体の暴落リスクに比べたらリスクは低いと考えています。

それでも、とにかくこのシステムは貸し出してる元本の保証は一切ないサービスだということは理解しておくべきなのです。

貸仮想通貨はどうやって始めるの?

まずはCoincheckのアカウントが必要なので、まだ持っていない方はこちらから開設しておきましょう。そしてログイン画面右上に「取引アカウント」という項目があります。

ここから「貸仮想通貨アカウント」を選択してアカウントの切り替えが出来るようになっています。ちなみにエイミーの所有コインは他の取引所や貸仮想通貨アカウントに移してしまったのでCoincheckには電気代サービスのビットコイン分しか残ってません。笑

Coincheckのアカウント開設が完了していれば貸仮想通貨アカウントはすぐに作成可能です。

貸仮想通貨アカウントを選択したら、左メニューの「コインを貸す」からコイン貸出の申請が出来ます。とりあえず、私は手持ちのイーサリアムを貸出してみようと思い申請中です。

貸仮想通貨サービスはどう利用すべき?

年利5%は確かに良いのですが、元本保証ではないですし、流石に1年間資産の流動性が完全に失われるというのはかなりのハイリスクです。このリスクの割に年利数%のリターンは正直ハイリスクローリターンだなぁというのが私の印象です。

長期投資メインで考える

ただ、私もそうですが、基本的に長期投資がメインの人には良いかもしれません。仮想通貨は全体としてまだまだ市場の伸びしろが大きいので、単純にホールドしているだけで大きな利益が得られる市場です。ビットコインの知名度が伸びてきた今年の7月くらいに参入していたとしても4倍くらいになってるわけです。何かとニュースが出る度に高騰と暴落を繰り返していますが、結局のところ買ったままホールドしてるだけで利益が出ているので、ニュースに一喜一憂せずにホールドし続けるスタンスで仮想通貨投資をしている人にはメリットのあるサービスなんじゃないかと思います。

とはいっても、流石に1年間塩漬は怖いので、私は1ヶ月で利率2%くらいのとこから始めようと思います。

長期投資に向いている通貨は?

貸仮想通貨を利用する場合には、長いスパンで伸びていきそうな通貨で、通貨 の価値がゼロになってしまうようなリスクの低いものを選ぶのが大事かなぁと思っています。

私が貸仮想通貨サービスに利用したいなぁと思う通貨は、

  1. リップル
  2. イーサリアム
  3. ビットコイン

の順で考えています。特にリップルは描いているビジョンを考えても今後通貨がなくなる可能性は最も低いんじゃないかと私は考えています。最近もアメックスとの提携を発表したりと、ゆっくりですが確実に名を挙げていきそうな通貨だと思います。

あわせて読みたい
リップルがアメックスと提携!価格の動きと今後の将来性!先日11月16日のアメリカロイターにこんな記事が出てたんですよー! Amex launches blockchain-based ...

リップルのやろうとしていることは時間がかかると思うので、数年のスパンで成長する通貨だと思うんですよね。なので買ったままホールドするつもりならこのサービスにはすごく向いてそうです。ちなみにRippleの購入はCoincheckでは手数料が高いので、bitbank.ccやChangellyというサービスを利用すると購入手数料を抑えることができます!

でも、私と同じようなことを考えている人が多いのか、,

現在Ripple(XRP)は、弊社で想定している借入上限を超える貸出申請をいただいており、これから申請していただく方は、承認までにしばらくお時間を頂戴することになると想定されます。その他通貨での申請はスムーズにご案内することが可能でございますので、是非、ご検討くださいませ。

とのことでした。なので私はひとまず次点のイーサリアムを貸し出してみることにしました。イーサリアムも長期的に見て伸びる通貨だと思いますし、多少の暴落があっても価格はすぐに戻ることを繰り返しています。

ちなみに3位がビットコインなのは知名度がどんどん上がり価格も上がりすぎていて、「よくわかんないけど儲かりそうだからビットコイン買ってる」層が一番多そうだからです。つまり暴落のリスクが一番高いのもビットコインだと思うんですよね…。BCHとの対立もありますし、数ヶ月資産がロックされるのは私は不安に感じました。

貸出に使うならある程度時価総額の高い通貨が良いとも思うので、私が検討するのはこの3通貨かなと思っています。

まとめ

貸仮想通貨サービスはハイリスクで、その割に得られるリターンは少ないかもしれないですが、長期投資メインで考えているなら検討に値するサービスだと思います。ただし、貸し出す通貨はよーーーく吟味してくださいね!万が一暴落が起こった時にはいてもたってもいられなくなっちゃいます(´・ω・`)

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono