仮想通貨考察

イーサリアムクラシックに半減期がくる!半減期と価格変動についてまとめ

最近はビットコインの上昇もすごいですが、アルトコインの上昇も大きいですね。そんな中でイーサリアムクラシックの値上がりが!

どうやらこの値上がり理由はイーサリアムクラシックに半減期がおとずれるようです!

半減期って何?

半減期って聞くと、何が浮かびますか?私はお薬の半減期が浮かびました。

memo

半減期とは


図:wikipediaより

お薬を投与して血中濃度が最高値になった後に、血中濃度が半分になるまでの時間を半減期と言います。(図のt1/2)

ってごめんなさい。これは今日の話とは全然関係ないです!

仮想通貨の半減期とは?

本題に入ります!ビットコインを含めた仮想通貨にも半減期があります。通過毎に半減期のルールは異なるのですが、まずはビットコインを例に取れば「4年に1度のオリンピックイヤーにマイニングで貰える報酬が半分になる」と決められています。

なぜ半減期があるのか?

マイナーにとってみれば同じ作業をしているのに貰える報酬が半分になってしまうのか、不平不満が出そうなものですがどうしてこんなルールが決められているのでしょうか。

それはムーアの法則という考え方に基づいています。

ムーアの法則とは

簡単に言うとコンピュータの処理速度は年数が経つにつれて上がっていき、およそ2年ごとに倍増していくという考え方です。下の図は主なCPUのトランジスター数の推移を示したもの。

トランジスター数が増える=集積密度が増える=処理速度がアップ

という考え方に基づいています。

図:wikipediaより

そして処理速度が2倍になれば、同じ作業をしていても得られるコインの価値は1/2になるはずだ、という考えから、ビットコインには半減期が定められているのです。

半減期でビットコインの価格も動く

ビットコインに半減期があるのは分かったよ。でもそれがビットコインの価格にどう影響するのでしょうか?

上記のムーアの法則に従ってコンピューターの処理速度は日進月歩で進んでいますが、ある日を境に急に報酬が半分になってしまうのは正直納得がいかない気持ちになりそうです。マイナーからすればこの半減期の前後でビットコインの値段が倍になってくれれば、報酬が半分になったとしても作業への対価は変わらないことになります。

マイナーがそう願っていれば価格が上がるわけではないのですが、みんながこの理屈から「半減期の前後で倍になるはず」と思っていれば価格は上がります。株やFXと同じように、ビットコインの価格には投資家の心理が反映されるからです。

2016年のビットコインの半減期

これは2016年のビットコインのチャートです。6月〜7月にかけてビットコインの価格が跳ね上がってるのは、まさにこの時ビットコインが半減期を迎えようとしていたからなのです!

1BTC=120万円を突破した今現在からすればこの時の価格なんて…という感じですが。ちなみに2012年の第一回ビットコイン半減期の時にも価格が上がっていました。

ビットコインは少なくとも今現在は決済や送金の手段というよりも投資対象として見られていますから、みんなが「価格が上がる」と思ったら上がります。ですから、これまでの半減期を見て価格が上がったことを見ているので、次の半減期前にも、価格の上昇がある可能性もありますね!でも、次の半減期が訪れる2020年には仮想通貨がどんな状況になっているか、正直想像もつきません。

イーサリアムクラシックの半減期と価格

イーサリアムクラシックの値上がり理由はこの半減期がくることが主な要因です。上にも書いたように半減期前後では仮想通貨の値段は上がるもの、と思われているので今回もそんな心理が働いているように思います。

調べてみると2017年の12月12日頃に半減期が訪れるようです。11月に入ってからイーサリアムクラシックの価格はじりじりと上がってきております。

ちなみに11/13-14に香港で開かれたイーサリアムクラシックのサミットがあり、11月からの価格上昇はこれも関係していたようですけどね。

イーサリアムの開発者であるチャールズ・ホスキンソン氏や、ビットコインの大手マイニング会社のジハン・ウー氏等の仮想通貨界著名人も多く参加するとのことで話題になっていました。

ただ、私もメルマガ等でサミットの情報は聞いていましたし、イーサリアムクラシックの買いを煽るものも沢山見ましたが、イーサリアムクラシックはどのくらいこの先価値を持つのかが分からないしと思いスルーしていました。

このサミット前はBTCとBCHの戦いまっただ中でもはやこのサミットの存在は忘れられていたんじゃにでしょうか…笑 でも、今のこの半減期に向けた過熱感はすごいですね!

イーサリアムクラシックは買うべき?

イーサリアムクラシックはイーサリアムがハッキングされた際に、それまでの取引をなかったことにするために分裂(ハードフォーク)をした時のもとのチェーンの通貨です。ビットコインの分裂時のように、イーサリアムの所持者に同数のイーサリアムクラシックが配られました。

でも、もともとイーサリアムはハッキングの事件のために「なかったことにされようとしていた」チェーンなわけで、そのまま消えていって価値はなくなると思われていたものです。正直イーサリアムクラシックは今後の実用化の計画や、この先の計画も私はよく分かりませんというか知りません。

結局サミットでもどんな発表があったのかもよく分からないんですよね…。仮想通貨ブロガーさん達も、サミット前にはイーサリアムクラシックに関する記事が沢山出ていましたが、サミットの内容についてはあまり情報がないようです。

半減期での価格上昇はあくまで一時的だと思いますし、あまり長期投資で持つ通貨ではないのかなぁというのが私がイーサリアムクラシックに今の時点で持っている印象です。。。

イーサリアムクラシックが買える取引所

Coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番の取引高のある取引所です。販売所形式なので手数料は高めになりますが、使いやすさとサーバーの安定性、安全性などを総合して一番おすすめの取引所です。

Binance

海外の取引所ですが、世界一の取引高です。日本語対応もあり、開設の敷居は高くないと思います。日本円での売買は出来ないので、日本の取引所でビットコインなどのメジャー通貨を購入して送金して…といった手順が必要になります。Binanceへの登録はこちらから。

まとめ

イーサリアムクラシックは私は特に持っていませんし、今後も買う予定はないです。でも、半減期の話が出たので、他の通貨にも関連しそうだったので半減期についてまとめてみました!

今回の記事を書く際にこちらの本を参考にしています。

 

余談ですが、この本私が初めてビットコインやブロックチェーンについて勉強しようと思い今年の5月頃に読みました。でも、その時と比べても大きく仮想通貨の周りの環境って変わってますよね〜。やっぱりこういう情報って鮮度が大事なので、書籍はあっという間に情報が古くなっちゃうんだなぁとしみじみ思っていた日でした。

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono