仮想通貨考察

マイニングの難易度調整ってなに?なぜそこで価格が変動するの?

先日のBCHとBTCの戦いがあり、両者の値動きが完全に逆にうごく場面がありました。

この時の値動きは両者のマイニング難易度の調整が関係していた模様です。マイニングの難易度調整について、自分のためにもまとめておこうと思います。

マイニングについて

そもそもマイニングってどんな作業をしているのか?

まず、そもそもマイニング(採掘)と言われる作業について、具体的にマイナー達はどんな作業をしているかご存じですか?

結論から言えば、新しいブロックをこれまでの取引が記録されたチェーンの最後にはめ込むための鍵を見つける作業がマイニングです。

 

私もマイニングの難しいことは分からないので、↑の大塚雄介さんの本に書いてあった内容のことしか知りません。

マイニングは数列探しゲームで、ある桁数が全て0になる計算結果を探すのだそうです。例えば16桁の数列は10の16乗通りあるはずなので、これが全て0になる確率は1/10,000,000,000,000,000です。この確率で当たるはずの数列を片っ端から探していくので、コンピューターを使って何億回、何兆回という計算を繰り返してたまたまこの16桁が全て0になる数値に当たればマイニングが完了という作業になります。この計算をひたすら10分以内に行うのですから、私みたいな一般人にどうこう出来る作業じゃないということになりますね。。。

マイニングの難易度調整とは?

ビットコインのブロック生成は10分に1度、生成されるように定められています。そこで10分かからずに生成される状態が続いている場合は難易度を上げて10分間隔で生成されるように調整されます。逆に10分以上かかっている場合には難易度を下げる調整が行われるようになっています。

この難易度調整は2016ブロック毎に1回行われていて、およそ2週間に1回行われる計算になります。

難易度はどうやって調整される?

上述のような数探しゲームをマイナー達は延々と繰り返しているわけですが、難易度の調整はどうやって行われているのでしょうか?

難易度の調整は簡単で、探す桁数を上げれば良いのです。例えばこれまで16桁の数値を探していたけど、17桁に上げる。するとヒットする確率は一気に下がりますから、難易度が格段に上がるということです。

ハッシュレート・ハッシュパワーとは?

ビットコインやマイニングの話を見ていると「ハッシュパワー」「ハッシュレート」という言葉をよく見かけます。

ハッシュパワーとはマイニングのパワーです。つまりは↑のようなマイニング作業をどのくらい短時間に繰り返せるか、ということになります。

ハッシュレートは日本語では採掘速度などと言われます。ハッシュレートの単位はhash/s(1秒間に1ハッシュの計算をする)となりますが、K(キロ)やM(メガ)などの接尾辞がつくとKHsなどと表現されます。(bitflyer-ビットコイン用語集より)

ハッシュレートが高い=採掘速度が速い=送金・決済にかかる時間が短い

ということになります。

マイニング収益や難易度を確認する

マイニング収益や難易度と言われてもあまりピンと来ない気もしますが、これらが確認出来るサイトがあります。

https://fork.lol/

実践がマイニングの収益性、点線がマイニングの難易度ですね。11/12頃のBCH高騰の時にはマイナーみんながBCHを採掘していたので、マイニング収益性が急上昇しています。でもその後難易度調整が入り、BTCの方が収益性が上回ったので、マイナーがまた戻っていったということなんですかね…。

マイニング難易度と価格の変動

ここまででマイニングとは何なのかとか、その難易度調整が行われていることがなんとなく分かってもらえるかなーと思うんですよね。

でも、このマイニングの難易度の変化でなぜ先日のようなBCHの高騰に繋がるのか、よく分からなくないですか?

私も最初そう思ってたんですけど、多分その理由は割と単純。

マイニング難易度が下がる
→マイナーにとって収益性が良くなる
→みんながマイニングするようになる
→送金・決済にかかる時間が短縮
→その通貨の需要が上がる

難易度が上がった時はこの逆ですね。単純にマイニング難易度が下がってみんながいっぱい採掘してくれるようになれば決済が早くなるっていうことなんだと思います。

なぜ難易度調整が話題になるようになった?

そもそもここまでの話だと難易度調整は2016ブロック毎に行われていたわけで、ともするとこれまでにも幾度となくBTCは難易度調整を受けてきているわけです。でも、今まで難易度調整に関わる値上げや値下げってあまり聞かなかった気がするんですよね。

おそらくですけど、先日BCHへ急激なマイナー移動が起こった時に、ハッシュレートが上がりすぎて、大幅な難易度調整が入ったことによるもの、でしょうか…。

とにかく、一度こういう事態が起こったからには、今後もこの難易度調整に合わせたマイナー大移動があり、それに伴う価格変動がありそうです。マイニングのことに関しては私も初心者であまり分からないので、また少しずつこの記事も追記していこうと思います。

 

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono