雑記

ロイヤルホストが現金払い不可の店舗をつくるらしい

現金払い不可の飲食店、ロイヤルHD 

    日本経済新聞 電子版 2017/11/1

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22984010R01C17A1000000/

(c)日本経済新聞社 掲載記事の無断転載を禁じます。

実は先月ボストンに行った際に、空港からホテルへの移動でエクスプレスのバスに乗りました。その時の運賃が$7.5くらいだったのですが、なんと支払い方法は現金不可、クレジットもしくはデビットカードのみだったんですよね(O_O)

私はもともとカード払い好きなので、コンビニとかでもカードで払うことが多いです。なのでそんなに抵抗はないけど、日本人は現金が大好きだから、現金不可のバスって結構衝撃なんじゃないかなって。

現金って不便、でも日本人は現金がすき

でも、そもそも先進国の中でもこんなに現金が好きなのって日本だけなんじゃないかなぁと(^_^;

アメリカは特に偽札の危険もあるし、クレジットやデビットで支払えば利用履歴が残って例えば先のようなバスでも運転手がズルしたりすることも出来ないんですよね、多分。大金を持ち歩くのも危険ですし…(O_O)

そう考えたら現金文化のメリットって圧倒的に少ない気がしますが、先日母親と話してて改めて思いました。それでも日本人が現金払いを好きなのは、「なんとなくカードって怖い」イメージがあるんですよね。

カード情報を入れるのが怖い?

確かに今でこそネットで何かを買い物するのが普通になりましたが、私ももう10年くらい前だけど初めてネットで買い物をするためにクレジットカード情報を入力するの、すごく怖かった記憶があります。笑

まず買い物する前にネットショッピングについて色々調べまくって、危険はないのかとか悪用されないのかとか調べました。それで暗号化されたページなら大丈夫なはずだとか、大手なら大丈夫とか色々見て、Amazonや楽天なら大丈夫だろうとネットショッピングを始めた気がします。

現金の方がむしろ危険だという事実

でも今は結構どこでもカード使っちゃいますね。確かにこの情報を抜かれたら…って言われたら100%ないとは言えないですが、やっぱりカードのメリットってちゃんと履歴が残ることだと思うんですよね。

だって例えば今お金を盗まれてその中の1万円をどこかで使われちゃったとしても、その1万円が私のものだったって証明する手段ってどこにもないんですよ。でもカードなら履歴が残る。盗む側からしてももカードは履歴から足がつく可能性はあるけど、現金ならつかない可能性が高いでしょ。

盗難とカードのスキミングはちょっと違うとは思いますが、とにかく安全面で考えたら別に現金が良いとも言えないってことです。

ただ、勿論カードが100%安全ではないと思うので、海外とかの小規模なお店でカードで払おうとしたらそのカードもって店の奥に入って行っちゃう…みたいな店舗は怖いのでカード払いしません。笑

現金は無駄が多い

で、このニュースの話に戻ると、現金ってやっぱり人件費コストがかかるんですよね。支払いの記録をデジタルで処理出来れば、減らせるコストもだいぶあるんじゃないかなぁと思います。

確かにクレジットカードを店舗に導入するのって初期コストもかかるし、支払いの都度クレジット会社に手数料も払わなきゃいけないので小さなお店ではこれって収入に痛手なんですよね。でも最近はFintechなんて言葉も出てきて、こういうクレジット導入の初期コストがかなり下がり、さらには仮想通貨の登場で決済にかかるコストが劇的に低下しつつあるわけです。

そう考えたらこういう店舗が今後増えていくのは当然なんじゃないかと思うんです。クレジット支払いで払う手数料は最初から値段に含めて考えれば、良いわけで。

なのでこういう記事をみると、ますますFintechや仮想通貨の今後の可能性にすごく期待しちゃいます(*・ω・*)♡

仮想通貨、ビットコインまだ持ってない方は早めに少量でも持っておくのが良いと思ってます!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

初めての仮想通貨ならcoincheckが分かりやすくていいかな。なんか最後に宣伝みたいになっちゃってごめんなさい(o_ _)o笑

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono