仮想通貨考察

ADAコインが気になったので特徴や買い方を簡潔にまとめ!

こんにちは〜最近色々とアルトコインを調べる中で気になったのがADAコイン!

日本の取引所では買えないコインですが、個人的に気になったので色々と調べてみることにしました(*・ω・*)

ADAコインとは?

プレセールでかなり人気を集めたようですが、上場が何度も延期になり、プレセールでのトークン購入者からは詐欺だなんだで結構避難の的になっていたようですが、無事10月に上場しました!

上場直後はプレセールの40倍と高値で取引されましたが、一旦落ち着いて今は横ばいチャートと思われます。

オンラインカジノCARDANOとは?

ADAコインはCARDANO(カルダノ)と呼ばれるオンラインカジノで利用出来るコインです。

CARDANOとは、ブロックチェーン技術を利用した管理者のいないオンラインカジノのプラットフォームです。管理者のいない、分散型ネットワークで物事を回せるのがブロックチェーンですもんね。

ところで、日本人にはカジノってあまり馴染みがないかもしれませんが、普通のカジノって絶対に期待値的に私達お客さんは勝てないようになってるんですよね。そうじゃないと運営成り立たないと思いますし、絶対にトータルでディーラーが勝つように作られてます。

その点管理者がいない=みんなフェアに戦えるってことなのかなと思っています。うん、やっぱりこれすごそうだ。

ADAコインはCARDANOで使える

ADAコインの目指すところは、このCARDANOというカジノで掛け金などに使われることを目的にした通貨です。

そしてこの専用コインを使って遊ぶので、銀行口座の登録は不要ですし、個人情報の入力に不安がある方も使いやすい仕様になるんじゃないかと感じました。

つまりこれを使ってオンラインカジノで遊べるというわけで、上述のようなフェアにプレイを目的としたCARDANO自体が今後注目を浴びればADAコインの価値も上がっていきそうです。目的もはっきり分かりやすくて、こういう通貨好きです!(*・ω・*)

ADAコインの将来性

やっぱりフェアなカジノって発想としては面白いし、話題性も良いと思うのです!世界のカジノの経済規模も考えれば、この何割かのユーザー達がCARDANOに流れればかなりの需要になりそうですし。

問題はオンラインカジノ自体は国によって色々と規制があるので、今後のCARDANOの拡大の障壁になりそうなのはその辺りでしょうか。

ちなみに世界のカジノの経済規模はおよそ24兆円とのことですが、そのうちオンラインカジノが占めるのは約15%くらいです。そのうちの10%くらいのユーザーがCARDANOに移るだけでも結構な経済規模になるのかなーなんて考えていました。

ADAコイン、買ってみよう!

オンラインカジノの通貨っていうのが分かりやすくて面白そうな通貨なので指値を入れてみることにしました。

ただ、ADAコインは国内の取引所では取り扱いがなく、海外取引所でも取り扱いがあるのはBittrex一択です。少し前に口座開設&本人確認まではしてあったので、早速買ってみようと思います(*・ω・*)

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono