旅行

カナダ在住者に聞いた、カナダのマナー5選

文化が違うと、色々な行き違いが生じることってありますよね。

日本人は世界的に見てもマナーも良くて、比較的歓迎されることが多い国民だと思います。

そうはいっても、日本人にとっては悪気はなくても、他国の人にはマナー違反になることってあるんですよね。今回カナダに旅行に行った時にカナダ在住のガイドさんから、カナダ人のマナーについて教えてもらいました。

へぇ〜〜って思うことも沢山。なので折角なのでブログにまとめておこうと思います(*´艸`)

その1 お礼は必ず声に出す

レストランで食事を運んでもらった時、お酒をついでもらった時、ホテルのチェックインで鍵を渡して貰ったとき…etc

何かをしてもらう場面は旅行中沢山あると思います。そんな時、「ありがとう」のお礼は必ず声に出して言うのがカナダのマナーです。

目を合わせて微笑むだけ、うなづくだけ、あるいは友人とのおしゃべりをしたまま…などはとても失礼なこと。

必ず“Thank you.”と、声に出して伝えるようにしてあげるのがポイントのようです。

その2 注文時に通りがかりのウエイターを呼び止めない

これは私も知らず知らずにやってしまったかもしれない。

レストランなどで注文をしたいとき、通りがかりのウエイターさんに“Excuse me.”と呼びかけるのはカナダではマナー違反だそうな。

その理由は、まず第一に、人前で大声を出すのは恥ずかしいと思われているのです。なので、周りに人がいるところで大きな声を出すのはやめておきましょう。

第二に、カナダのレストランではテーブル毎に担当のウエイターさんが決まっているそうです。そして担当の方は順番にお客様の席を回って注文を取っていきます。ですのでこちらから呼び止めて注文をするのは、順番の横入りをすることになってしまうのです。

なので、カナダのレストランで注文をする時はウエイターさんが席に注文を聞きに来てくれるのを待ちましょう。

ただ、これは例外もあるので、入店していつまでも注文を取りに来てくれない…忘れられてる…と思う時や、お会計をしたい時にはこちらから声をかけてOKです。でもカナダの店員さんはどこも皆さんフレンドリーで、注文後も「美味しい?」などとよく声をかけてくださる印象でしたよ!

その3 列の一番前はカウンターと間を開ける

これは独特のルールな気がしました。列に並ぶ時に、列の一番前になった場合には、すぐにカウンターに歩み寄らずに3mくらい離れて待つのがマナーなんだとか。

離れて待って、呼ばれて初めてカウンターに歩み寄る、というのがカナダ人流です。というのも、呼ばれる前に歩み寄ってしまうと、お店の人はまだ前のお客さんのことで作業をしている場合もありますし、失礼にあたるそうなんですよね。

日本ではこういう週間はないので、注意が必要ですね。

その4 扉を開ける時のルールがある

これは日本でもやってる方はいるかもしれません。扉を開ける時のルールがあります。

まず、扉を手前に引いて開けた場合、前から通行する方がいた場合はその方を先に通してあげるのがマナーです。

逆に扉を押して開けた場合、自分の後ろ数メートルを確認して、こちらに来る人がいればその人が通までは扉は開けたまま待っていてあげましょう

これが扉を開ける時のルールです!確かにカナダ人の方、いつも扉開けてくれるなぁと思ってました!是非実践してみてくださいね!

その5 大人は走らない

最後は簡単。大人は走らないのがマナーです。

走るのは子どもがすること、というのがカナダ人の認識のようです。ですので横断歩道などもなるべく走らないようにする。じゃないと走ってると「あの人だらしない人なんだな」という印象を受けるんだとか(O_O)

また、走って仕事をしている人は、「頑張って仕事をしてるんだな」ではなく、「この人は走らなきゃいけない、仕事が出来ない人なんだ」という評価になってしまうそうです。頑張って走ったのにそんな評価ショックすぎますよね。なのでカナダに行った時にはせこせこ動くのはやめて、のんびりゆったり行動しましょうね(●´艸`)

・・・・


Photo: Niagara on the lakeにて

以上、カナダ在住者に聞いた、カナダでのマナー5選でした!

これからカナダ旅行を考えている方は是非参考に、現地で実践してみてくださいね!

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono