仮想通貨考察

ネムXEMも将来性のある仮想通貨な気がする

ビットコインに加えて少しずつアルトコインを買いましていましたが、最近の興味はNEMになってきました(*・ω・*)

というわけで、今日はNEMコインとは?というところから、私の思うネムの将来性の話を書いていこうと思ってます。

NEMとは?

もともとはNew Economy Movementの略称でしたが、現在はNEM(ネム)という固有名詞になりました。始まりは2015/3/31からですから、仮想通貨の中でも後発組のニューカマーですね。

ネムが発行する通貨の単位がXEM(ゼム)です。

既に総発行量の約90億XEMが発行されており、新しい新規発行がありません。新規発行がないということはビットコインのようなマイニングはないということです。でも、そうなると取引の承認はどのようにして行われているのか疑問に思えてきますね。

マイニングではなくハーベスティング

ネムの一番の特徴はビットコインのようなマイニング(採掘)がないこと。でも、マイニングする人がいないと、ネムの取引の承認をする人がいないことになってしまいます。その代わりにProof of Importance(PoI)というシステムを利用して、取引の際に発生した手数料を、承認してくれたユーザーに与える仕組みになっています。

この取引を承認して手数料を受け取る仕組みを、ネムではハーベスティング(収穫)と呼びます。

PoIではネムの残高、取引量、取引回数などからスコアリング化され、このスコアに応じて報酬が決まる仕組みになっています。

つまり、ビットコインはものすごーーーい計算量を瞬時にこなせるスーパーすごいコンピューターがないとマイニングに参加することは不可能ですが、ネムは沢山取引してくれた人には全員報酬貰うチャンスが与えられますよということです。

ネムのプラットフォームmijinについて

mijinとは? http://mijin.io/ja/

ビットコインの生みの親である中本哲史によって発明された「ブロックチェーン」技術。
それを誰もが簡単にプライベートP2Pネットワークとして利用できるように開発された汎用プラットフォームがmijinです。

mijinについての詳細は私もさくっと読みましたが、話すとだいぶ長くなるので、気になる方は上述のリンク元をご参照ください(´・ω・`)

とりあえず簡単に言うと、ビットコインのブロックチェーンより「早い、安い、安全」、色んな人に使いやすくなりました!ということです。

NEMとmijinとCOMSAとZaifの関係

以前の記事でCOMSAという日本でのICOプラットフォームについて書きました。

あわせて読みたい
COMSAは買うべきか考えてみたこんにちは!前回の記事で、最近COMSAというブロックチェーンプロジェクトを知ったのでCOMSAの目指すところのICOについてをまとめて...

結局私はCOMSAはボーナス付与期間に買う気満々です(*・ω・*)

このCOMSAのプラットフォームにもmijinが採用されています。そしてmijinはZaif取引所とネムの開発者が共同で開発したプラットフォームなんですよね。なのでこの4者には関連性があって、Zaif取引所はネムの取引にもとても力を入れていますし、COMSAの購入にもZaifトークンで購入することでボーナスがつくなどの特典があったりしました。

セキュリティの高さ

ネムはEigenTrust++という評価システムでユーザーの質を評価しています。これによって悪意のあるユーザーは参加しにくい仕組みとなっています。

局部のスパムも防止するようになっているので、スパムを試みるサーバーはシャットダウンさせられるような仕組みも備わっているということです。

カタパルトによる処理能力向上が期待出来る

カタパルトとは、ネムの中に実装されるアップデートです。カタパルトが実装されるとネムの処理スピードが圧倒的にアップするとされています。

カタパルトが実装されると、ネムは1秒間に4000件の処理が可能になります。そう言われてもピンとこないのですが、現時点で最速と言われているリップルの処理速度が1秒間に1000件らしいので、とにかくめちゃ速くなるってことですねヾ(・ω・`;)ノ

ネムをもっと知りたい人は

NEM公式サイト:https://nem.io/
NEMの説明書:http://nemmanual.net/

この辺りを参照されると良いかと思います(*´艸`)

ネムの将来性を考えてみる

色々書いてみましたが、ネムの将来性ってどうでしょうか??

こうして色々な特徴を見ていると感じるのは、現在はビットコインが圧倒的取引数を占めるぶっちぎり1位なのですが、後発の仮想通貨はビットコインの欠点を補うように作られているので、機能的には優れているんですよね。

ネムで言えばPoI、mijin、カタパルトとなんかビットコインの進化形みたいに感じます。笑

特にビットコインが本当に非中央集権なのか?というのが問題視されています。ビットコインのマイニングには膨大なお金をかけないと参加出来ませんが、一部のマイナーが実権を握っているような状態になっているからです。そういう現状を考えるとネムのPoIシステムは誰にでも均等に機会を設けるという意味でより非中央集権的な民主的通貨に近づいているということですよね(*´˘`*)♡

と、考えると今後ビットコインに代わってネムが普及してくるというのは充分考えられる話かなと思うのです。うん、ネムコイン良いと思う。

そして、個人的には中央集権的なリップルと合わせて持ちたいなと思います。分散型で誰にでも機会を設けることで非中央集権を突き詰めた形のネムと、中央集権的で他の仮想通貨と一線を画しているリップルとは対極的だと思うんですよね〜。なので分散投資というか、この2つ持っておけばどっちかは将来普及するんじゃないかなぁって。

というわけでネムも買いました!(*・ω・*)

しばらくホールドするつもりですが、また報告出来ればと思います!

*NEMを買うなら手数料の安いZaifがオススメです☆

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono