仮想通貨考察

COMSAを買う前に、ICOとは何かを分かりやすく書いてみる

最近知人と話していて、COMSAというブロックチェーンプロジェクトの存在を知りました(*・ω・*)

これはICOを国内で広く行っていくためのプロジェクトだということです。ちらっと見た感じ、なかなか興味深そうで投資対象としても面白いんじゃないかと思い色々考え中です。そこでまずはICOというものについて色々調べてみた初心者の私が、初心者の方にも分かりやすいように解説してみます!

ICOとは?

ICOとは、Initial Coin Offeringの略称で、日本語に略すと新規仮想通貨公開となります。

これまでの資金調達方法

簡単に言ってしまえば企業の新しい資金調達方法です。従来の企業の資金調達方法は大きく分けて2通りでした。銀行からお金を借りるか、株式を発行して投資家からお金を出資してもらう。銀行からお金を借りるにはある程度企業としての信頼や担保が必要となりますし、借りたお金に対して利息を支払わなければなりません。また株式発行のためにはまず証券市場に上場する必要があり、株主には経営権の一部を渡すことになります。また配当も出していく必要があるなど、企業としてもハードルが高いものでした。

一方でICOはブロックチェーン技術を利用して会社独自のコインやトークンを発行し、それを投資家に買ってもらうことで資金を調達します。

ちなみに「仮想通貨=お金」と思っている人が割と沢山いるようですが(私も最初そうだった)、必ずしもそうではないです。ビットコインは確かにそれ自体が貨幣価値を持つモノとして作られたものですが、それ以外にもブロックチェーン技術を使ったプロジェクト全般を仮想通貨や暗号通貨、英語ではCryptcurrencyなどと呼んでいます。なので最近は通貨ではなく、コインやトークンなどと呼ばれる場面も増えてますね!

株式がコインやトークンという言葉になっただけで実質同じなんじゃ?なんて思われた方もいるかもしれませんが、全然違います(`・ω・´)/

ICOのメリット

企業側にとって従来の銀行融資や株式上場のデメリットがない

まず、これまでの株式投資において一般投資家から資金を集めるためには、まずは証券市場に上場していることが条件でした。上場していない会社の株は一般投資家は購入することが出来ません。その点ICOは小さなベンチャー企業や個人でも可能です。例えば私が自分のトークンをつくって発行することも出来ちゃうわけですヽ(*´∇`)ノ

また、これまで上場企業というのは一般の人から広く資金調達出来る反面、色々とデメリットも多くありました。上場維持にかかるコストもありますし、株主への情報開示義務もあります。株主にとっては長期的な視野での経営よりも、持続的な業績・価値アップの方が重要ですから直近の利益にとらわれがちになります。なので長期的な利益を見込んで行うような大胆な経営方法はやりづらくなってしまうんですよね。こうした上場のデメリットを嫌って、非上場のまま成長している企業をユニコーンなんて呼ばれていて、日本だとメルカリ、アメリカではUber社などが話題になりました

ICOは一般投資家でもからも資金を集めることが出来ますが、証券会社に上場する場合の上記のようなデメリットがなくなりました。株式を渡さないので経営に口を出される心配もありません。

また、銀行に借りる時のように担保を用意する必要もないですし、利息を支払う必要もありませんし、返却の義務もありません。

そして何よりやはり大企業でなくとも資金調達の敷居がぐんと下がり、成長段階の小企業も資金調達がずっと簡単になります

まさに企業側にとっては良いことだらけ!ですね(*´艸`)

投資家にとってもメリットはある

ICOは投資家にとってのメリットは、これまでは敷居の高かったベンチャー企業などへの投資が誰でも簡単に、少額から始められるということです。

ベンチャー投資は、投資家にとってみればまさにハイリスクハイリターン

有名企業への投資は大きく損する可能性は少ないものの、投資したお金が短期間で何倍にもなるということはあまりありません。

でもベンチャー企業への投資は上手くすれば投資したお金が何十倍にもなる可能性のある、よく言えばとても夢のある投資です。こうしたベンチャーへの投資はこれまではベンチャーキャピタルなどの企業が主で、私達のような一般投資家がベンチャー企業や一個人にお金を出資することは困難でした。日本ではそういった手段がないですからね。

でもICOを使えばそれがそれが可能になったということです。しかも、株式投資では株の最低売買単位があり、企業にもよりますが最低10万くらいからでないと投資は出来ませんでした。でもICOにはそうしたラインはないので、1000円くらいからでも個人投資が出来てしまいます。なので投資の幅が広がり、面白くなりそうですね!

ICOのデメリット

でも、何事もいいことづくめ!とはいかないのが当たり前ですよね。勿論デメリットもありますが、企業側にはデメリットは少ないのではないでしょうか。

デメリットは投資家側に多い

投資家にとっては、やはりとにかくICO投資自体がハイリスク・ハイリターンだということ。先ほどメリット欄ではとても夢のある投資と言いましたが、ベンチャー投資は結構ギャンブル性が高い。出資したお金がゼロになっちゃうこともあるんです。

また、企業側のメリットは裏を返せば投資家側のデメリットになります。

トークンやコイン自体には本来その価値を担保するものは一切ないですし、株式のような優待や配当も勿論ありません。企業側も上場している時のように情報開示の義務がほとんどないので、自分が出資したお金がどんな事業に使われているのか、完全にブラックボックス状態。その企業がどんな経営をしているのか一切分からないのです。

ICOを使った詐欺のような事例も沢山

そして最近のこのICO流行に乗って、「コイン作ります詐欺」みたいな事例も沢山あるようです。

正直仮想通貨投資は「よく分かんないけど買ってみよう」な層がとても増えている状態です。「新しいコイン発行します!多分すぐにめっちゃ儲かりますよ!」みたいな安っぽい売り文句だけでもICOをしてみるとびっくりするくらい資金が集まってしまうのが現状。

なので投資家側は本当に価値のあるICOなのか、しっかり見極める必要のある結構難易度の高いものになると思います。

ICOって結局いいの?

で、結局ICOっていいの?儲かるの?株式のような価値を担保するものもなく、株主に与えられるような権限もない。

勿論、儲かるかどうかは企業次第です。でも企業が成長すればそのコインやトークンの信頼性は高まるので、投資対象として興味を持つ人も増えてその需要は高まります。需要が高まれば株式と同じようにコインやトークンの価格が上がり、株のように儲けを出すことも出来るかもしれません。

IPOとの違いは?

株式投資をしたことがある方は、IPO(Initial Public Offering):新規公開株という言葉をご存じでしょう。文字列が似ているので、ICOとIPOが並べて書かれているのを見かけますが、これらは少し異なります。

IPOは上場する予定の企業が上場前に新たに株式を公募したり、上場前に株主が保有している株が売り出されたりします。この上場前の公募価格は実際の市場での需要より割安に設定されていることが多く、公募価格で購入できた投資家は上場後の初値で売るだけでその差額利益を得られることが多いです。

そんな株式投資でもオイシイIPOですが、基本的には公募の上限が設けられているので、人気のIPOは抽選になります。というかほぼ全てのIPOが抽選で、その倍率もすんごいです。私も何度か応募してますが全然当たりません。笑

その点ICOは特に上限は決められていないので、誰でもいくらでも購入することが出来ます。でも、逆に言えばICO公開時点での需要=供給量ですから、いきなり公開後の価格が急激に跳ね上がることはないと思います。なのでその辺り、IPOとはだいぶ投資戦略は違ってくると思うんですよね。

まとめ-ICOへの期待

長々と書いてみましたが、私は総合するとICO、面白そうだなって思ってます(*´艸`)

日本はアメリカのようにベンチャー投資がこれまで活発じゃなくて知名度の低い企業が資金調達をするのはとても困難だったんです。でも、ICOでそれが可能になるかもしれない。これってこれまで一般に出てこなかった小さな企業にとってはものすごい成長のチャンスです。

私は日本は遅れてるとか、世界に取り残されるとか色々言われても基本日本大好きっ子なので日本企業に頑張ってほしい。笑

だからこうして日本の小企業にもチャンスが与えられるようになるのっていいんじゃないかな。まだまだ一部の人にしか知られてないICOだけど、私は色んな面から見て興味深いし、応援もしたいので、やってみたいなと思ってます!

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono