仮想通貨考察

ビットコインの何がすごい?なぜこんなに注目されているのか?

最近仮想通貨熱がどんどん高まってますね(*・ω・*)

投資家にとってはその市場が賑わうのは嬉しいことのように思いますが、ブロックチェーンとかよく分かんないけどとりあえず投資してみてる、なんとなく投資家が多いのも事実のようですね(^_^;

私も最初は、

「ブロックチェーン??(´・ω・`)ほぇ?」

みたいな感じだったんですけど、最近やっと理解してきた気がします。笑

そして、ブロックチェーンが分かってくると、ビットコインを始めとした仮想通貨のやろうとしていることのすごさがひしひしと感じられてきました(。・ω・。)ノ

勿論問題点がないわけじゃなさそうなのですが、今日は初心者の私が気付いてきた、ブロックチェーンを利用した仮想通貨であるビットコインがいったいなにがすごいのか、従来のお金と何が違うのかを記事にしてみますね。

非中央集権型・分散型通貨

私達の普段使っているお金というのは必ず発行・管理の元が存在していました。日本では日本銀行が円を発行しますし、米ドルはアメリカの中央銀行にあたるFRBが発行しています。そして、金本位制でない現代のお金はそれ自体に価値も担保もない、だけどこの管理組織がその価値を保証しているものです。つまり、いずれの通貨も中心となる管理主体がいるのです。

仮想通貨の中には中央集権型のものもありますが(Rippleなどがそう)、ビットコインを始めとする多くの通貨でP2P(Peer to Peer)ネットワークによる分散処理システムを利用しています。中央のサーバーで集中処理しているのではなくて、ネットワークにつながれたコンピューターが取引の正しさを承認するために稼働しています。

Peerとは日本語訳で「同等である」という意味です。つまり双方のコンピュータがお互い同等な関係で取引を支えるのがP2Pということです。配信者側のサーバーと、受信者側のサーバーに区別がなく、どちらも配信者にも受信者にもなれるということなのです。

非中央集権の何がすごいのか?

でも、P2Pとか非中央集権型とか分散型とか言われても、初心者にはそれの何が良いのかさっぱりじゃないですか?笑

いやでもこれってよく考えたらすごいんですよ。だってコントロールする代表者が不在なんです。世の中で出てくる新規のプロジェクトは、必ずそれをコントロールする人、中心となって作る人がいました。だってそうじゃないと世の中に出てこなくないですか?

それを、代表者不在で、みんながそれぞれお互いに承認し合うことでのみ存在出来る民主的なシステムを作る方法を提供したのがまさしくブロックチェーン技術なわけです。

これって私、大発明だと思うのですよ!(∩˃o˂∩)

中央集権のような管理主体がないのは不安?

また、これはデメリットとして語られることも多く、管理主体を持たないということはその価値を保証するものがなく不安があるのではないかとの見方も出来ます。

ただ、一方で中央集権化されたサービスの場合はその中央サーバーが狙われてデータ改ざんが行われてしまう可能性もあります。そういう意味ではビットコインのような分散型通貨は一部のコンピュータのデータを書き換えたとしても、他のコンピュータのデータとズレてしまうので、事実上ハッキングは出来ないという意見もあります。

国際通貨としての可能性がある

そして特定の管理主体を持たないビットコインは日本だろうとアメリカだろうと関係なく、全世界共通のお金となる可能性があるのです。これはすごい改革!

いままでは日本では日本のお金、アメリカはアメリカのお金が決まっていて、その価格は為替変動で常に変動していました。ビットコインが本当に国際通貨として普及すれば、海外とのお金のやり取りで両替の必要はなくなります。ですので、私のようなしがない勤務医にはあまり関係ないのですが、例えば企業が海外と事業を行っていく上では間に入る手数料が少なくなり、大きなメリットを享受出来るんじゃないかと思うのです。

ビットコインが為替変動時の回避先になる?

世界の経済情勢によって為替変動が起こるのは周知の事実です。例えば2008年のリーマンショックの時には安定資産としての円買いが進み、この当時は1ドル80円台という円高が続きました。当時大学生で休みになるとすぐに海外に旅立っていた私は、経済とかちんぷんかんぷんでしたが、とりあえず円高を喜んでた記憶があります٩( ´◡` )( ´◡` )۶

ビットコインが普及した出来事の一つには2015年のギリシャのデフォルト危機があったようです。この時ユーロの暴落を心配して買われたのがビットコインでした。この当時は今ほどビットコインの知名度はありませんでしたが、ビットコイン価格の上昇に繋がった大きな出来事の一つでした。

この先、こうした経済情勢によって通貨の避難先として、「安定資産のビットコイン買い」が起こりうるかもしれません。

まぁもっとも、今は価格のボラティリティが高すぎて安定資産というにはほど遠いかもしれませんが、将来的にはそうなるかも、ですね!

ビットコインの上限量は決まっている=価値がある

私達が日常で使用している円や米ドルの発行は中央銀行が決めています。

貨幣発行量の調整は景気を調整するための政策の一つで、簡単に言えば景気が悪い時には日銀は沢山お金を発行してお金の循環をよくするし、景気が悪い時にはその逆を行ってお金の流通量をコントロールします。

でも、ビットコインは上で書いたように特定の管理主体はないので、こうした発行量の調整は行われません。発行量の上限が既に決められていて、これから先、どんなスケジュールでビットコインが発行されるかというのが全て最初から決まっているのです。

このスケジュールやマイニングの話まで書くと長くなってしまうので、ひとまず細かいことは興味のある方は別途検索してみてください。

そして、この上限リミットがあるからこそ、ビットコインには価値があるとも言われています。金がなぜ価値があるかと言えば、金には希少性があるからです。有限で希少だからこそ、その価値が認められます。

こうした通貨発行の仕組みは賛否両論あれど、既存通貨の仕組みと大きく異なっていることが分かると思います(*・ω・*)

送金や決済の手数料が格安

また、ビットコインのメリットの一つは送金や決済の手数料が格安だということです。

例えば皆さんお使いのクレジットカード!私もクレジットカード好き人間なので、日々の買い物は少額でも現金よりクレジットで払うことが多いです。でも払う側はあまり意識していないですが、お店にとってはクレジットは色々とコストがかかるものでした。

まずクレジットのシステム導入自体に初期コストがかかり、さらに決済の度に実はお店は2~10%程度の手数料を負担してます。「クレジットでお支払いの場合はポイントはつきません」や、まれに「クレジットでお支払いの場合は手数料○%かかります」のようなお店があるのはそのためです。

最近はFintechという言葉注目されるように、クレジットも初期コストを低く抑えて導入出来るようになりましたが、ビットコインのコストはそれ以下です。なので小さな個人商店でも普及していく余地があるということです。

国際送金手数料も格安になるかも

また、国際通貨になるということとも関連してくるのですが、国際送金にもおおいに役立ちそうです。

国を超えた海外送金をしたことのある人は少ないかもしれないのですが、これって結構な額の手数料を取られるのです。

例えば日本からアメリカに送金したい場合は、日本円⇔米ドルへの両替手数料がかかることと、銀行を経由した送金では間に人間のチェックが入るのでどうしても手数料は割高になります。

更に、例えば日本→インドネシアに送金しようとするときに、日本の銀行とインドネシアの銀行が相互に口座を開いていれば、そのまま資金の振り替えを行えますが、そうでない場合は間に別の銀行が入る場合もあり、そうなってくると少額の送金では手数料だけで送金額の半分がなくなってしまうこともあるんです。

ビットコインならこうした海外送金のコストもぐんと下げることが出来ます。主な理由はやはり銀行を介することで人間がチェックするため、人件費のコストカットが大きいのですが。

結論:ビットコインってすごい

で、色々見てて思うのは、ビットコインってやっぱりすごいんだと思う。なんか安っぽい感想で申し訳ないですが(^_^;

ただ、非中央集権というのはすごいようで、管理主体がない、言わば諸刃の剣なのかも?と思ってます。ビットコインなんて信用しない!という意見も沢山あるみたいですし。でも、私は総じてビットコイン含めた仮想通貨、投資対象としてはとても魅力を感じます(●´U`●)

また今後も通貨については色々調べながら投資続けていくので、皆さんの知識の手助けになるような記事が書けるように頑張ります!

 

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono