資産運用・節税

医者の自分が本当に入るべき保険を考えてみることにした

こんばんは!( ´艸`)

先日の記事で銀行窓口でおすすめされたドル建て終身保険についての思ったことを書いてみました。

[kanren postid=”115″]

この一件以来自分の保険のこと、もう一回ちゃんと考えよう!と思ったので、今日はそんな話を書いてみようと思います。

そもそも保険ってなに?

保険って何のためにあるのか、考えてみます。

私見ではありますが、簡単に言えば保険は「誰かが困ったときのために皆で少しずつお金を出し合っておきましょう」という概念だと思うのです。

だってやっぱり人生何が起こるか分からないじゃないですか。

明日交通事故で死ぬかもしれない。もし大黒柱の自分が死んでしまったら、残された家族はどうなるのか。

車でうっかり不注意で歩行者のおばあちゃんに怪我をさせてしまった。治療費数百万円…どうしたものか。

運悪く医療訴訟に当たってしまい、慰謝料数千万円…

とかとか。明日突然数百万円や数千万円単位のお金が必要になる事態が来るかもしれないです。そういう万が一の時に備えて皆でお金を出し合って貯めておく。その中で困った人、急にお金が必要になる人がいた場合には、この皆で貯めたお金から使いましょう。という仲間が集まっているのが保険の原則だと思うのです。

ここで大切だと思うのは、保険は原則「払ったお金がそのまま返ってくるものではない」ってことだと思うのです。いざというときのリスクに備えるお金を払っているんですからね。

ちなみに保険の話は結構前に読んだ池上彰さんの本に書いてあるのが分かりやすかった気がします。

だから「貯蓄のための保険」は私は意味が分からないと思うのです。前回の記事で書いたドル建て終身保険もそうですが、生命保険にもメリットを感じるなら良いのですが、貯金のためだけに保険に入る、は間違ってると思うのです。貯金は自分でするもでしょ、と。笑

なので「掛け捨ては嫌」とか思う気持ち分かりますけど、払ったお金は、自分に何もなければ返ってこないのは当然。というのをモットーに考えるべきものなんじゃないかなと。

私に必要な保険は?

さて、ここまでの前提で自分に必要な保険を考えてみます。保険の考え方は後田さんと言う方の本が分かりやすくて良いなぁ〜と思いました。

保険は必要な分だけ入る、という至極当たり前のことなのですが。

結局のところ、

  1. 不測の事態で、自分の現在の貯金だけではどうにもならない額が必要になる可能性
  2. 自分に万が一のことがあった時に金銭的に困る人がいるかどうか

を考えれば必要な保険って見えてくるのかなと。

まず2についてですが、これは多分私にはいません。笑

両親もまだ仕事をしてますし、老後は確かにどうなるか分かりませんが、少なくとも今の時点で私が生命保険に入る意味はないかなと。

1は難しいところではありますが、まずは不測の事態というところ。これは逆に言えば予測出来るものには保険は不要ってことです。だって予測出来るんだからそれまでに自分で必要なものは貯めておくのが原則。最初に書いたように保険は貯蓄とは違うんですもの。だから子どもの教育費とか、老後の生活費とか、そういうのを保険で払うというのは私はちょっと違う気がするのです。だって自分の子どもがいつから保育園に行って、小学校に行って、、、って不測の事態じゃないですもん。老後だって突然リストラされる可能性がなくはないですが(医者はこのリスクは限りなく少ない)、いつ退職するのは、予測は出来るでしょ?

悩むのは医療保険でしょうか。私の年齢や健康状態から、急に数百万円単位のお金が必要になるような病期にかかる可能性はとても低いです。例えば女性ですし、子宮筋腫や卵巣腫瘍みたいな良性疾患の可能性は比較的高くあります。でもこうした疾患で今の自分や家族の貯金から払えないくらいの医療費が必要になることはあまりないと思うのです

もっと考えれば、急に乳癌が見つかるとか、子宮頚癌が見つかるとか、抗がん剤治療ですごい額の医療費が…とも考えられなくもないのですが、日本には高額医療費の制度があるので、それでも月当たりに払う額って何百万を超えることはないはずなのです。

さらに癌の治療に長引いてその間仕事も出来ず、無収入期間が続いたら…と考え出したらキリがないのですが、そんな期待値の低い保険に入る意味がどこまであるのかなと。

少なくともよくある医療保険で、「入院したら一日目から日額1万円支給します」とか、いやいやひとまず一日1万円くらい自分で払うよ、と思ってしまうのです。

で、私は結局色々考えてたら医療保険もどうなんだ?となってきました。笑

結局今入ってる保険

結局入ってるのはこの医師の賠償責任保険だけです。これは多分多くの先生方がどこかしらの経由で入ってるのでは?と思います。

医療訴訟に関しては、やっぱりどれだけきちんと仕事をしていても、一定の確率で遭遇してしまうもの、だと思うのです。しかも万が一慰謝料請求になってしまえば数千万円単位の金額が「急に」「不測の事態で」必要になるものです。だからこれって医者にとっては良い必要な保険の適応だと思うんですよね。

余談ですが、医師の賠償責任保険に入るなら病院や学会の団体割引を利用するか、民間医局さんを通して入ると保険料が20%offになったりするのでオススメです。

あとは私は今は車は持ってないですけど、車を持ったら勿論車の保険には入ると思います。これも不測の事態で誰かに大きな怪我をさせてしまう、ことへの備え。保険の適応だと思うからです。

保険会社は絶対損をしない

後田さんの本を読んでて改めて感じたのは、保険は絶対に保険会社は損しない仕組みになってるってことです。当たり前ですよね。でもそれどころか保険業界って結構高給取りというか、儲かってるんだろうな〜と思ってます。笑

なので色々不安で保険ってどんどん増えていっちゃうのかもしれないんですけど、必要なものに必要な分だけ、入るのが多分大事です。勿論人それぞれのライフスタイルによって必要な保険って変わってくる思うのです。生命保険が必要な人もいるし、医療保険が必要な人もいますし。

というわけで、長い記事を読んでくださってありがとうございます。もし今の時点で「色々無駄な保険に入ってるなぁ…」と思われる方は、無料で保険の見直し相談出来るサイトもあるので良かったら利用してみてくださいね!是非この記事で私が書いた内容も参考にしつつ見直し相談していただけるといいなと思います!

ちなみに保険はこうした総合窓口を通しても、直接保険会社(プルデンシャルやメットライフなど)で契約しても保険料は変わらないので、こうした総合窓口を通すのはオススメです!

ではでは、今日はこの辺で(*・ω・*)

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono