不動産

初めての不動産投資入門①〜不動産投資のメリット

最近は色々と投資のお勉強していく中で不動産投資にも興味を持ち始めました。ひとまず初心者向けの本を読みつつ、セミナーに行ってみたり、詳しい人に聞いてみたり…ちなみにセミナーの体験談も記事にしてます。

[kanren postid=”174″]

色々仕入れた情報を少しずつまとめていって、これから不動産投資を始める方の参考になるような記事が書けたらいいなと思います(*・ω・*)

・・

ちなみに、皆さん不動産投資ってどんなイメージですか?バブルの頃の不動産投資というと、物件を買って、それをそのままホールドして、値上がりしたら売ってその売却益を得る。というのが主流だったようです。

しかし最近は物件価格の高騰もあってこの方法で利益を出すのは余程の掘り出し物物件を見つけない限り難しいです。ですので私のような一般人の個人投資家はこの方法では充分なリターンは得られません。なので購入した物件を人に貸して、家賃収入を得るというのがメインの収入となるはずです。

そしてこの家賃収入を得ることで不動産という固定資産を残しつつ、キャッシュも獲得していく、というのが不動産を利用した資産形成の概要になります。

そして不動産投資にはこうした資産形成面以外にも副次的なメリット(いわゆるおまけ)が沢山あるんです!

不動産投資のメリット

①不動産投資はやり方次第でリスク・リターンのバランスが良い

なんとなく不動産投資は借金も必要になることがほとんどですし、ハイリスクなイメージがありませんか?私もずっとそう思ってました!

一口に不動産投資と言っても都内のワンルームを購入する場合や、一棟アパートをまるまる購入する方法まで色々です。それぞれのやり方でリスクは大きく変わってくるのですが、やり方次第では長期的に見ればリスク・リターンのバランスが抜群に良い投資です。

他の投資と比較して基本的には年単位以上の長期スパンでの投資が前提になります。そして私のような一般投資家が行う不動産投資は大きく儲けるのは難しいですが、長期でみれば安定収入が得られる投資方法だと思います。

②インフレ対策になる

これもよく言われている不動産投資のメリットです。経済が順調に成長を続ける限り、インフレは進むものです。

インフレとは、例えば今は150円で買えるコーラが数年後には180円になる、というようにお金の価値が下がってしまうことです。現金資産はお金の価値が下がれば資産としては目減りしてしまうことになりますが、基本的にインフレになれば不動産の価格も上がりますから、資産として目減りすることはなくなります

③節税になる

これもよく言われる不動産投資のメリットです。節税するには不動産投資で赤字を作れば、本来の給料との差し引きで所得を少なく見せることが出来てその分税率が下がったり払うべき税額が少なくなったりします。

でも赤字を作ってたら、節税になったとしても結局赤字なんだからそれって得なのかよく分からない…って思いませんか?不動産の節税の仕組みをちゃんと理解するには少し複雑なのですが、「減価償却費」という実際には支出として出ているわけではないお金、でマイナス経費を作ることが出来るため結果的に節税になるということです。これについてはまたどこかのタイミングで詳しく説明出来ればと思いますので、ひとまずは不動産投資で色々使える経費の仕組みがあって、それが節税になる、くらいの理解で良いと思います。

④生命保険代わりになる

不動産投資をする場合、物件の価格にもよりますが現金で一括購入出来る方は少ないと思います。そうすると必然的にローンを組んで購入することになるのですが、このローンを組む際に団体信用生命保険(団信)というものに強制的に加入させられます。

この団信て何者でしょうか?

簡単に言えばあなたが借金をした後に急に事故などで亡くなってしまった場合、借金をチャラにしてあげますよ、という保険です。でも借金はなくなっても購入した不動産は残された家族の手元に残り、無借金の不動産資産が残るわけです。残された家族は借金なしで毎月家賃収入を得ることが出来るという、すごい生命保険なのです。

以上がざっと書いてみた不動産投資のメリットだと思います。こうしてみると不動産投資はかなり魅力いっぱいの投資に思いませんか?( ´艸`)

でも、メリットの裏にはデメリットがありますし、リターンを得るためには必ずリスクが伴います。次回のまとめではそんなデメリットやリスクについてまとめていきますね。

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono