雑記

糖尿病の新治療薬、SGLT-2阻害薬の効果や副作用について専門科じゃない私が思うこと

私の父が前々から糖尿病で内服治療をしているのですけど、最近カナグルというお薬が出されたと聞きました。このカナグルというお薬、糖尿病の治療薬の中でもかなり新しいお薬です。ちなみに糖尿病はⅠ型とⅡ型の分類があるのですが、多くはⅡ型です。今日の記事では「糖尿病=Ⅱ型糖尿病」として書いていきますね。

私は糖尿病治療は専門ではないのであまり詳しいわけではないのですけど、このSGLT-2阻害薬は、腎臓でのグルコース再吸収機能を阻害して、糖を尿中に排泄していくことで血糖を下げる薬です。簡単に言ってしまえば血中に余っている糖を尿中に捨てていって、文字通りの「糖尿」を作る薬です。糖尿病の薬で「糖尿」を作るわけです。なんか変な話。(^_^;

糖尿病は血糖を下げるためのホルモン、インスリンが出にくくなるため血中の糖が高くなってしまう病気なので、これまでの薬はこのインスリンを出やすくする薬が主な作用でしたね。あとは食後の血糖上昇を押さえる薬もありますが。そんな中ではこのSGLT-2阻害薬は今までの薬と全く違う仕組みの薬ということになります。

ところで、少し話はズレますが「糖尿病」という名前が私は良くないと思うんですよね。糖尿病は別に糖尿になることが悪いのではなくて、高血糖が続くことで色々な合併症が起こるというのが一番の問題なのです。血中に余った糖が結果として尿に出ているだけであって、別に糖尿病の問題は尿中に糖が出てしまうことが主体じゃないわけです。それなら「高血糖病」とかにすれば良かったのに、と学生の頃からよく思ってました。

となると、このSGLT-2阻害薬の機序としては血中に余っている糖と尿中に捨てて、糖尿病の一番の問題である「高血糖状態が続くこと」を改善させるわけですから、理に適った薬であるように思います。

ただ、私はこの薬について作用を聞いた時にどうも怪しいと思ってしまうわけです。

まず、インスリンの役割は単純に言えば「血糖を下げること」です。血糖を下げるためにインスリンが何をしているかと言うと、

  1. 各臓器や細胞でのグルコースの取り込みを促進
  2. 血中のブドウ糖をグリコーゲン(貯蔵糖)に合成するのを促進
  3. 貯蔵されているグリコーゲンの分解を抑制
  4. ブドウ糖からの脂肪合成を促進

ざっとこんな感じでしょうか。要するに血糖を臓器が利用するのを助けると同時に、更に余っている糖については体の中で蓄えるようにしたり、脂肪として体にため込んだりするわけです。なので、こう見てるとインスリンはある意味では太らせるホルモンですよね。糖尿病の薬は多くがこのインスリンの分泌を助けたり、インスリンの効きをよくする薬なので、当然脂肪として蓄えられる糖も増えますから、太りますよね。

一方でSGLT-2阻害薬はインスリンの分泌云々はとりあえず置いておいて、余ってる糖を捨ててしまえという薬です。ですから余分な脂肪を蓄えたりすることもないので、「やせ薬」とも言われる所以ですね。

でもよくよく考えてみて、糖尿病で高血糖になっているということは、糖の利用が上手く行っていないということです。細胞が糖が欲しいのに分け与えてもらえていない、上の1~4のうち、1もままなっていない状態でこの薬を使ったとしたら?結局糖の利用障害は改善されないまま糖が捨てられているわけで、体の臓器や細胞は栄養不足のままになってしまうわけです。

確かに高血糖が続くことで活性酸素が産生されれば動脈硬化が進んで色んな合併症を起こします。だけど、かといって使い切れずに捨てれば解決するのかと言えば、確かに高血糖状態による血管障害は減るかもしれないけど、それって本当に体にとって良いの??本当に長期で見て糖尿病の合併症って防げる??と思ってしまうわけです。

糖尿病をなぜ治療するかと言えば、血糖の数値を正常化することが目的ではなく、長期的な合併症を防ぐことが一番の目的ですよね。でも新しい薬が出る度に、5年、10年先の合併症がどうなるか、を大規模な研究で示すのは難しいですし、すぐに出来るものではないわけです。糖尿病の長期合併症については、数ヶ月間の血糖コントロールの指標であるHb-A1cに強く相関するということが昔の研究で示されています。なので糖尿病のお薬が有効なものかどうかはほとんどこのHb-A1cをどのくらい下げるか、でアピールされます。血液検査の値としてデータが出しやすいですし、年単位になるような長期間患者を追跡調査しなくても短期間で比較的結果が出やすいです。

SGLT-2阻害薬は血糖値は下げるのでHb-A1cは間違いなく下がると思います。だけど、糖の利用が上手くいってないのに、それで本当に長期合併症が防げるか?は疑問です。

勿論、上の1~4のうち、1は確実にインスリンに働かせた上で、それでも余っている糖に関しては体の外に捨てることが出来ればとてもすばらしい薬になりそうです。ついつい甘いものを食べるのが我慢出来ない糖尿病患者なら、きっといくら細胞や臓器に糖を利用させても血中の糖は余るでしょうから、食べても太らず、血糖値も改善させる良い薬になるかもしれません

現時点で副作用として公表されているのは、尿中に糖の排泄が増えると、それに引っ張られて尿量も増えますから、それによる脱水や尿糖が増えることによる尿路系の感染症が増えるという報告がされています。特に脱水に関しては高齢者では死亡例も報告されていたり、脳梗塞を起こす例もあるのでは?と言われています。ただ脳梗塞の発症率については大差はないとの報告もあるようなので何ともいえませんね。でも脱水はやっぱりリスクですもんね。なので適応は「肥満の合併する、比較的若い糖尿病患者」が良いと言われています。

ちなみに、私の父はまさに「肥満の合併する、比較的若い糖尿病患者」ですので、まぁきっと先生から見てもいい適応だったんだろうなと。でも、私はちょっとこの薬はなんとなく長期で飲み続けるのは不安に感じるので、お父さんにはとりあえずなるべく水分沢山摂って、カナグルはあんまり長期間飲まない方が良いんじゃないかな〜と話してました。

あくまで私は別に糖尿病の専門じゃないですし、ただこのお薬を初めて聞いた時に感じたことを書いてみました。長期内服での副作用なんかも今後Evidenceが揃ってくれば良いのかも。(もう出てたらごめんなさい。私は検索しきれなかった)

ABOUT ME
エイミー
手術室にこもって麻酔かけてるお医者さん。投資や経済学に興味があって、仮想通貨やブロックチェーンなどのテック系にも興味があります。書きたいことをつらつらとブログに綴る雑食趣味ブロガーです(*´艸`)最近は医療系ブロックチェーンの解説とかもしてます。 詳細プロフィールはこちら Twitterも→Follow @amy_honobono